東京オリンピック2020競技のソフトボール

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のソフトボール」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のソフトボールのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 ソフトボール 幅広い世代で楽しまれるスポーツ 3大会ぶりにオリンピック競技に復活 競技概要 野球から派生した球技であるソフトボールは、ゲームの進め方などの基本的なルールは野球とほぼ同じだが、グラウンドのサイズや使用球などが大きく異なっている。円周12インチ(30.16~30.80センチメートル)のボールを細くて短い3号バットで打つため、打球があまり遠くまで飛ばないのも特徴だ。そのため野球に比べてコンパクトな競技場で行うことができ、運動範囲も狭いので、世代や性別を問わずに楽しまれているスポーツだ。 ソフトボールは野球と同様に、各9名(指名選手を活用する場合は10名)の2チームが攻撃と守備を交互に行う。攻撃側がボールを打って進塁し、ホームベース(本塁)に帰るごとに1点が入り、7回終了時点で得点の多いチームが勝利する。同点の場合は延長戦に突入するが、勝敗を早く決するための得点促進ルールとして、8回以降はノーアウトで二塁にランナー(前回の最後に打撃を完了した選手)を置く…

続きを読む

東京オリンピック2020競技の野球

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技の野球」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技の野球のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 野球 世界トップクラスの華麗なスーパープレー。選ばれし6チームで金メダルを争う。 競技概要 9名ずつの2チームが対戦し、3つのアウトを取ることによって攻撃側と守備側をチェンジしながら得点を重ねて勝敗を競う競技。攻守の交代を9回繰り返した時点(9イニング)で、より多く得点しているチームが勝者となる。同点の場合は延長戦が行われ、北京2008大会では延長11回からのタイブレーク(注1)が導入された。 両チームはスターティングメンバーとして、9名の選手の攻撃時の打順と、守備時のポジション(守備位置)をあらかじめ決定しておく。守備時にグラウンドに立つのは、ピッチャー(投手)・キャッチャー(捕手)のバッテリー、内野手のファースト(一塁手)・セカンド(二塁手)・サード(三塁手)・ショート(遊撃手)、外野手のレフト(左翼手)・センター(中堅手)・ライト(右翼手)である。 オリンピックにおいては、ロサンゼルス1984大会とソウル1988大会で公開競技(注2)として実施され、バルセロナ1992大会か…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のバドミントン

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のバドミントン」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のバドミントンのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 バドミントン ショット初速は球技最速。多彩なショットで相手の裏を鋭く狙い撃つ。 競技概要 バドミントンは、1人対1人、または2人対2人で、ラケットを使ってネット越しにシャトルを打ち合い、得点を競うゲーム。オリンピックではバルセロナ1992大会から正式競技となり、男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスが行われている。バドミントンが他のネットスポーツと決定的に違うのは、丸いボールではなくはシャトルというまったく形の違うものを使うこと。シャトルとは、半球状のコルクに水鳥などの羽根を接着剤などで固定したもの。ラケットで打った瞬間の初速は、あらゆる球技の中で最も速いが、空気抵抗を大きく受けるため、初速と相手コートに届くときの終速は著しく違う。そのシャトルの特性により、バドミントンはストロークの種類が多く、ラリーがスピードや変化に富んでいることが特徴だ。 種目 シングルス(男子/女子) ダブルス(男子/女子/混合) ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介! ショッ…

続きを読む