東京オリンピック2020競技の陸上競技:トラック

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技の陸上競技:トラック」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技の陸上競技:トラックのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 陸上競技:トラック 世界記録のその先へ。人類最速を決める戦いがはじまる。 競技概要 競技場内1周400メートルの走路「トラック」を使って実施される競技。オリンピックでは短距離走、中・長距離走、障害走、ハードル、リレーが行われ、距離、男女別に合計25種目が行われる。共通するのは「走って競う」ということ。生身の人間が「いかに速く走れるか」に挑戦するというシンプルな競技だけに体力が全てと思われがちだが、スタートを始め多くの技術も身につけないと世界の上位に食い込むことは難しい。0.1 秒、0.01 秒速く走るため、トラックでは鍛え抜かれた選手たちが肉体の限界に挑む激烈な戦いが繰り広げられる。 種目 100m(男子/女子) 200m(男子/女子) 400m(男子/女子) 800m(男子/女子) 1,500m(男子/女子) 5,000m(男子/女子) 10,000m(男子/女子) 110mハードル(男子) 100mハードル(…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のアーチェリー

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のアーチェリー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のアーチェリーのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! アーチェリー 70メートル先から的を射抜く驚異の集中力。極限の緊張感に、観る者すべてが息を呑む。 競技概要 アーチェリーは、的を狙って弓で矢を放ち、得点を競う競技。体力や技術はもちろん必須だが、わずかな雑念がミスにつながる競技であり、メンタルの強さが勝敗の決め手となる。一流選手たちが、重要な場面でどれだけ平常心を保って正確な矢が放てるかが見どころだ。 屋外の地面の平坦な射場で行うターゲットアーチェリー、森や山などで行われるフィールドアーチェリー、室内で行われるインドアアーチェリーなど競技の種類はさまざまだが、オリンピックではターゲットアーチェリーを実施している。 オリンピックにアーチェリーが採用されたのはパリ1900大会。パリ1924大会からしばらく外されていたが、ミュンヘン1972大会から再び正式競技として復活した。 オリンピックでは70メートルで競技を行い標的は直径122センチメートルの円で、中心に当たれば10点。以下、得点となる円の帯が並んでいて、9点、8点...…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のアーティスティックスイミング

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のアーティスティックスイミング」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のアーティスティックスイミングのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! アーティスティックスイミング ダイナミックかつ繊細な舞。 一糸乱れぬマーメイド達の競演が、観客を虜にする。 競技概要 音楽に合わせてプールの中でさまざまな動き・演技を行い、技の完成度や同調性、演技構成、さらには芸術性や表現力を競う。オリンピックでは女子のみで実施されるアーティスティックスイミング。2分20~50秒の曲に、決まった8つの動きを入れるテクニカルルーティンと、3〜4分の曲の中で自由に演技するフリールーティンが行われる。 美しい装飾を施した特殊な水着を着け、水にぬれても落ちないメイクを施し、水が鼻に入らないようにノーズクリップを着用(しなくてもよい)し、水の中で舞う選手たち。同調性、難易度、技術、そして演技構成などが採点され、順位が決まる。 種目 デュエット(女子) チーム(女子) ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介! チームによって異なる美しい個性と次々に繰り出される新しい技に注目 アーティスティックスイミン…

続きを読む