東京オリンピック2020競技のラグビー

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のラグビー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のラグビーのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 ラグビー 一瞬にして相手を抜き去るスピード、変幻自在なパス、強力なフィジカル。 7人が広大なフィールドで目まぐるしい攻防を繰り広げる。 競技概要 ラグビーの起源は、「1823年にイギリスのパブリックスクールであるラグビー校で開催されていたフットボールの試合中、ウェッブ・エリスという少年が突然ボールを抱えて相手のゴール目指して走り出した」こととされている。その後、ラグビー校ではボールを持って走ることが一般的になり、「ラグビースクールフットボール」が人気となった。イングランドでは沢山のラグビークラブが作られ、ラグビーは世界に普及していった。1871年にラグビーフットボールユニオン(RFU:現在のイングランドラグビー協会)が設立され、初の国際試合がイングランドとスコットランドの間で行われ、1886年には国際ラグビーフットボール評議会(IRFB)が発足した。15人制(ラグビーユニオン)、13人制(ラグビーリーグ)、7人制など、様々なラグビーが世界各地でプレーされ、各種大会が開催されている。 オリンピック…

続きを読む

パラリンピック競技 競技 アーチェリー

こんちにわ、愛Tです。 「東京パラリンピック2020競技のアーチェリー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京パラリンピック2020競技のアーチェリーのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! パラリンピック競技 アーチェリー 足や口を巧みに使った多彩な競技。狙うはど真ん中。 競技概要 50メートル、または70メートル先にある的を狙い得点を競う、肢体不自由の選手を対象としたアーチェリー競技。オリンピックとほぼ同じルールで行われるが、障がいの内容や程度に応じてルールや用具の一部変更が認められている。 障がい者を対象としたアーチェリーが行われるようになったのは1940年代からで、1948年にイギリスの傷病兵のリハビリを行うストーク・マンデビル病院で車いすのアーチェリー大会が開催されている。この大会はのちに「パラリンピックの原点」と言われるようになった。パラリンピックとしてのアーチェリーは、第1回ローマ1960大会で正式競技として採用され、以来、継続して実施されている。 かつては、選手は障がいの程度によって、W1(四肢に障がいがあり、車いすを使用)、W2(下半身の障がいにより車いすを使用)、ST(立つか、いすに座って競技)の3クラスに分類されていた。現在のパラリンピックでは、W2とSTはオ…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のボート

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のボート」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のボートのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 ボート 水面に描かれる美しい航跡。究極のチームワークで一直線にゴールを目指す。 競技概要 ボート競技は、水上の直線コースでオールを使ってボートを漕ぎ、順位を競う競技。カヌーと逆で、進行方向に背中を向けて漕ぐ。ボートに足を固定し、レール上に設置されたシートが前後に動き、主に脚力を使って進む。オリンピックでは2,000メートルで行われる。 シングルスカルを除き、2人以上のチームで行うため1人1人の能力も必要だが、何よりチームワークが求められる。全員の息がぴったりと合ったときの美しさは、まさにボート観戦の醍醐味といえる。 オリンピックでは歴史が古く、第2回パリ1900大会から実施されており、女子はモントリオール1976大会から行われている。 種目は大きく分けてスカルとスウィープの2つの種類がある。スカルはオールを右手と左手に1本ずつ、合わせて2本持って漕ぐ競技。一方スウィープはオールを1人1本ずつ持って漕ぐ競技だ。 漕ぎ手の人数で分けると、スカルにはシングル(1人)、ダブル(2…

続きを読む