東京オリンピック2020競技の近代五種

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技の近代五種」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技の近代五種のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 近代五種 競技ごとに身体を切り替える。多彩な技術と高い戦略性が求められるスポーツ。 競技概要 1人の選手が1日の間に、フェンシング、水泳、馬術、レーザーラン(射撃、ラン)というそれぞれに全く異質な5種類の競技に挑戦する、過酷な複合競技。「キング・オブ・スポーツ」とも呼ばれる。 古代オリンピックで行われたペンタスロン(五種競技)にならい、近代オリンピックを提唱したクーベルタン男爵が「近代オリンピックにふさわしい五種競技を」を考案したもので、自ら「スポーツの華」と称したと言われている。ヨーロッパでは王族・貴族のスポーツとも呼ばれて人気がある半面、さまざまな競技施設・競技用具を要することから競技人口が伸び悩んでいたが、国際近代五種連合の加盟国が近年100を超えるなど地域的には広がりが見えてきた。 オリンピックの正式競技となったのはストックホルム1912大会から。ヘルシンキ1952大会からバルセロナ1992大会までは個人の他、団体種目も実施されていた。シドニー2000大会からは女子種目が加わっている…

続きを読む

東京オリンピック2020競技の空手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技の空手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技の空手のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 空手 流れるような美しい演武。電光石火の攻撃。静と動を感じる格闘技。 競技概要 空手は琉球王朝時代の沖縄を発祥とする武術・格闘技。1920年代に沖縄から日本全国に伝えられ、第二次世界大戦後に世界に広まっていった。 空手の競技には大きく分けて「形」と「組手」がある。 形は、仮想の敵に対する攻撃技と防御技を一連の流れとして組み合わせた演武。組手とは異なり審判による採点で勝敗が決まる。試合は1対1の勝負となるが、演武は1人ずつ行う。世界選手権などでは5人の審判が赤か青の旗を上げ、数の多い方を勝ちとするフラッグ方式で行われているが、オリンピックでは体操競技のように審判員の判定による点数を合計する採点方式が検討されている。演武は世界空手連盟(WKF)が認定している98種類から選択して行う。 組手は、8メートル四方の競技場で2人の選手が1対1で戦う。白い無地の空手着を着用し、一方の選手は赤帯、もう一方は青帯を締める。攻撃の際に使える技は「突き」「蹴り」「打ち」の3種類。攻撃は相手の決め…

続きを読む

東京オリンピック2020競技の柔道

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技の柔道」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技の柔道のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 柔道 熱い技の応酬と、相手の隙をつく冷静な駆け引き。一瞬足りとも気が抜けない4分間。 競技概要 日本発祥のスポーツ、柔道。オリンピックでは東京1964大会で初めて正式競技に採用された。試合では、白か青の柔道衣を着用した選手が、10メートル四方の畳の上で戦う。どちらかの選手が「一本」をとれば、その時点で試合は終了し勝敗が決する。技がきまり相手を制することができても、「一本」となるすべての要件を満たさないときは「技あり」となる。 技は100種類。68の「投技(なげわざ)」と32の「固技(かためわざ)」に分けられる。「投技」には背負投(せおいなげ)や体落(たいおとし)などの手技(てわざ)、袖釣込腰(そでつりこみごし)や払腰(はらいごし)などの腰技(こしわざ)、大外刈(おおそとがり)や内股(うちまた)などの足技(あしわざ)、そして巴投(ともえなげ)に代表される捨身技(すてみわざ)がある。また、「固技」は一般に寝技(ねわざ)ともよばれる抑込技(おさえこみわざ)、送襟絞(おくりえりじめ)の…

続きを読む