東京オリンピック2020競技のホッケー

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のホッケー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のホッケーのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 ホッケー 冴えわたるスティックワーク。高速のシュートがゴールをつらぬく。 競技概要 縦91.4メートル、横55メートルのフィールド上で、ゴールキーパー1名を含む1チーム11名の選手からなる2チームが対戦し直径7.5cmのボールを相手チームが守るゴールへ入れて得点を競う球技。各15分の4クオーター制 (計60分)で実施され、より多く得点したチームが勝者となる。同点の場合は相手ゴールキーパーと攻撃選手の1対1の8秒間の攻防を行うシュートアウト戦により勝者を決定する。 ゴールキーパー以外は、手足でボールに触ることができず、スティックの片面のみでボールをコントロールする。スティックはカーボン製で長さは約90センチメートル。ボールは野球の硬球とほぼ同じ大きさ・重さのプラスチック製。 オリンピックではロンドン1908大会から正式種目となり、モスクワ1980大会より女子ホッケーも採用されている。 種目 ホッケー(男子/女子) ESSENCE OF THE SP…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のハンドボール

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のハンドボール」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のハンドボールのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! ハンドボール 全身のバネを使って放たれる大迫力のシュート。 走る、飛ぶ、投げるというスポーツの3大要素をすべて必要とするフィールドの格闘 競技概要 1チーム7人ずつで、ボールを手で扱ってコートの相手ゴールへと投げ入れ、得点を競うハンドボール。19~20世紀初頭のヨーロッパに起源をもち、世界へと広がったスポーツである。1946年創設の国際ハンドボール連盟には2017年時点で200を超える国と地域が加盟しており、アジア、アフリカ、南米などでも普及が進んでいる。古くはドイツ発祥の11人制が主流であったが、スカンジナビアを中心に拡がった7人制が次第に支持を得て現在に至っている。オリンピックではベルリン1936大会で初めて実施された後は正式競技から外れていたが、ミュンヘン1972大会から再び採用された。競技はベルリン1936大会のみ屋外で、ミュンヘン1972大会以降は屋内で行われている。女子はモントリオール1976大会で初めて採用され、東京2020大会では男女各12チームがメダルを争う。 種目 ハン…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のトランポリン

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のトランポリン」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のトランポリンのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! トランポリン 地上8メートルの跳躍でみせるアクロバティックな演技。卓越したバランス感覚で宙を舞う。 競技概要 空中でのアクロバティックな演技で、美しさ・難しさ・高さを競う採点競技。技の出来栄えを見る演技点と、回転とひねりの数で算出する難度点、滞空時間を計測する跳躍時間点、さらにどれだけトランポリンの中心で演技を行うかを評価する移動点を加算し、それらの合計得点で順位を競う。 縦4.28メートル(プラスマイナス6センチメートル)、横2.14メートル(プラスマイナス5センチメートル)の、テープ状のナイロンなどを編んだベッドと呼ばれる弾力性の強いシートを、スプリングでフレームに固定し、反動によって高く跳躍する。男子選手のジャンプの高さは地上8メートルにも達するほどダイナミックだが、空中でわずかでも傾いたり姿勢を崩すと中央のゾーンに着床できないという繊細な一面も持っている。選手には卓抜したバランス感覚と運動能力が求められ、観客はその迫力に息を呑む。 種目 個人(男子/女子) ESSENCE OF TH…

続きを読む