東京オリンピック2020競技のサッカー

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のサッカー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のサッカーのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 サッカー 世界のスーパープレーヤーが集う予測不能の優勝争い。頂点に立つ国はどこだ。 競技概要 1チーム11人ずつで、ボールを相手ゴールに入れて点数を競うサッカー。ボール1つあればプレーできるため、ヨーロッパ、南米、アジア、アフリカなど大陸を問わず、世界中で広く楽しまれている。1863年に設立されたフットボール・アソシエーション(イングランドサッカー協会)によってルールが整備され、1930年から4年ごとに開催されるFIFAワールドカップは世界中で高いテレビ視聴率を誇る大イベントとなっている。 オリンピックの男子サッカーは、FIFAワールドカップよりも歴史が長く、ロサンゼルス1932大会を除いてパリ1900大会から毎大会で実施されている。モスクワ1980大会まではオリンピック憲章のアマチュア規定のためプロ選手が出場できず、注目度は低かったが、現在は世界の若手スター選手のお披露目・活躍の場となっており、毎回大きな盛り上がりを見せている。バルセロナ1992大会からは出場資格が23歳以下とな…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のフェンシング

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のフェンシング」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のフェンシングのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 フェンシング 最速の剣士による刹那の勝負 一瞬の隙を狙い撃て。 競技概要 2人の選手がセンターラインを挟んで向かい合い、片手に持った剣で互いの有効面を攻撃し合う競技。ピストと呼ばれる細長い伝導性パネルの上で行われる。競技はフルーレ、エペ、サーブルの3種目。使用する剣の形状や、得点となる有効面、優先権の有無などが種目ごとに異なっている。 試合は、個人戦と団体戦が実施される。個人戦は、3分×3セットの9分間・15本勝負(15点先取)。団体戦は1チーム4名のうち3名による総当たり戦で、3分間・5本勝負(5点先取)を9試合行い、45点先取または9試合までの得点の多いほうが勝利する。 オリンピックでは、第1回アテネ1896大会で男子種目が正式採用されて以来、欠かすことなく現在に至っている。女子種目はパリ1924大会から実施。東京2020大会では、フルーレ、エペ、サーブルの3種目において、男女とも個人・団体の計12種目が実施される。 種目 フルーレ個人(男子/女子) …

続きを読む

東京オリンピック2020競技の馬術

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技の馬術」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技の馬術のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 馬術 愛馬とともに駆け、跳躍する。人馬一体の華麗な演技に注目。 競技概要 馬術は、動物を扱う唯一のオリンピック競技であり、男女の区別なく同じ条件で実施されることが特徴だ。人馬ペアで競技を行うため、選手と同様に騎乗馬の資質も問われる。 オリンピックでは、コース上に設置された大きな障害物を飛び越える際のミスの少なさと走行時間で競う「障害馬術」、ステップなどの演技の正確さと美しさを採点する「馬場馬術」、障害と馬場の2つにダイナミックなクロスカントリー走行を加えた「総合馬術」の3種目が行われる。個々の人馬のパフォーマンスは個人成績としてカウントされ、各国チーム3人馬の成績を合計したものが団体成績となる。 馬術競技はパリ1900大会で初めて実施され、ヘルシンキ1952大会で軍人以外の男子および女子の参加が認められるまでは、男子の軍人のみが参加する競技だった。 選手は規定によって燕尾服(えんびふく)や乗馬服、シルクハットなどの帽子を着用し、優雅さが漂う独特の雰囲気のもとで競技が行われる。 …

続きを読む