東京オリンピック2020五輪暑さ対策テスト開始

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020五輪暑さ対策テスト開始」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 東京オリンピック2020五輪暑さ対策テスト開始のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 五輪暑さ対策テスト開始 1年後に迫る東京五輪に向けて、大会組織委員会と東京都は25日、大会運営を検証するビーチバレーのテスト大会で暑さ対策の試行を始めた。大型のミストシャワーや医師が常駐する救護所を設置。来場者へのアンケートも踏まえ、本番に向けた課題を洗い出す。  会場の潮風公園(品川区)にテント8張りが用意され、大型のミストシャワーが霧状の水を噴いた。訪れた女児(8)は「涼しくて気持ちいい」とはしゃいだ。  この日、都心の最高気温は32度超。「タイミングよく暑くなって対策を実践できる。効果は今後検証したい」と都の担当者は話す。  来場者には扇子やぬらすと冷たくなるマフラータオル、保冷剤も配られた。テントには、扇風機やウォーターサーバーがあり、医師や看護師が常駐する救護所も整えた。都によると、この日は男児(12)が軽い熱中症で救護所を利用。応急処置をして休んだ後、観戦に戻ったという。 来年のオリンピックと同じ会場で、開催されている。屋根のない屋外競…

続きを読む

東京オリンピック2020メダルのデザイン

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020メダルのデザイン」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、オリンピックメダルのデザインのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 2020年東京オリンピック開会式の1年前に当たる7月24日、オリンピックメダルのデザインが公表されました。 2020年東京大会のメダルは「光や輝き」がテーマ。無数の光を集めて反射させるデザインによって、アスリートが栄光を掴むに至るまでの努力の日々や、彼らを支える多数の支援者をたたえています。 このメダルに使われる金属は、スマートフォンや家電製品など、使い古されたガジェットが原料になっています。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2017年4月〜2019年3月にかけて「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を実施。全国から無数のガジェットを回収し、"都市鉱山"から金属を抽出しました。 東京オリンピックの公式スポンサーとなっているNTTドコモがドコモショップでスマホの回収を呼びかけたり、全国の自治体で家電回収を行うなど大規模にプロジェクトを展開。その甲斐あって約5000個のメダルに必要な金属を100%回収できたとしています。 原石を磨くようなイメージか…

続きを読む

東京オリンピック2020交通渋滞対策のテスト

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020交通渋滞対策のテスト」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、交通渋滞対策のテストのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 東京オリンピック開幕までちょうど1年となった。暑さや交通の混雑などが課題で、24日は、高速道路などを大規模に規制するテストが行われている。 24日午前0時から24時間、首都高速道路の入り口のうち、新国立競技場に近い「外苑」の上り・下り、選手村に近い「晴海」「新都心」の4か所が閉鎖される。 また、首都圏の高速道路の11か所の料金所でレーン数を減らして渋滞具合を検証するほか、西神田、高井戸など50か所の入り口も交通量が増える場合は閉鎖する。 一般道でも、都心に向かう車の量を減らすため、信号の時間を調整する。 東京大会の期間中は、渋滞を減らして、選手らがスムーズに移動できるよう、東京都などは、車利用の自粛を呼びかけていて、24日と同じ交通規制は26日にも行われる。 来夏の東京五輪に向け、交通渋滞対策のテストも本格化する。大会組織委員会や関係機関は24、26の両日、競技会場が集中する都心への交通量を抑えるため、首都圏の高速道路11カ所の料金所で終日、高速道路に入るためのレーンを減らす。首都高では…

続きを読む