東京オリンピック2020競技のトライアスロン

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のトライアスロン」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のトライアスロンのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! トライアスロン スイム、バイク、ラン。異なる3つの競技を制する真の鉄人は誰だ。 競技概要 トライアスロンは、スイム(水泳)・バイク(自転車ロードレース)・ラン(長距離走)の3種目を、この順番で1人のアスリートが連続して行う耐久競技。ラテン語の3を表すトライと、競技を意味するアスロンを組み合わせて名付けられた。 オリンピックでは、スイム1.5キロメートル、バイク40キロメートル、ラン10キロメートルの、合計51.5キロメートルで着順を争う。この設定距離は、オリンピック・ディスタンス、またはスタンダード・ディスタンスと呼ばれている。男子のメダリストは1時間45分ほど、女子のトップは2時間を切るスピードで駆け抜けてゆく。 トライアスロンは、1974年に初めてアメリカで競技大会が開催された比較的新しいスポーツである。シドニー2000大会から正式競技となり、男女とも実施されている。東京2020大会では、新種目として男女による混合リレーが行われる。 種目 個人(男…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のテニス

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のテニス」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のテニスのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! テニス 時速200キロ以上のサーブからはじまる駆け引き。メンタルコントロールもカギを握る。 競技概要 テニスは1人対1人、または2人対2人で、ラケットを使ってネット越しにボールを打ち合い、得点を競うスポーツ。オリンピックにおけるテニス競技には、男子、女子それぞれにシングルス(1対1)と、ダブルス(2対2)があり、さらにロンドン2012大会からは男女ペアで行うミックスダブルスが加わっている。負けたら敗退する「トーナメント方式」で行われ、一発勝負だ。準決勝敗退者だけは、あとに3位決定戦がある。 第1回のアテネ1896大会から正式競技だったテニス。しかしテニス界ではその後プロが参加するトーナメントが台頭したため、アマチュアリズムを重視していたオリンピックから長い間外されていた。再びオリンピックにプロ選手の参加が認められるようになり、ソウル1988大会から復活した。シングルスの出場資格は世界ランク上位56名などで、原則として近年の国別対抗戦で2年以上の代表経験があること。また、1国につき4人までとなっている。…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のテコンドー

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のテコンドー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のテコンドーのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! テコンドー 華麗な蹴り技の応酬。緊迫した攻防が連続する。 競技概要 テコンドーは、古くから朝鮮半島に伝わる武術のテッキョンと日本の松濤館空手を母体に、1955年韓国のチェ・ホンヒによって創始された格闘技。韓国では国技となっている。「足のボクシング」ともいわれ、スピーディーで見応えのある足技が特徴だ。愛好家は世界に8,000万人いるという。 オリンピックではソウル1988大会とバルセロナ1992大会で公開競技として行われ、シドニー2000大会から正式競技として実施されている。テコンドーにはもともとキョルギ(組手)とプムセ(型)があるが、オリンピックに採用されたのはキョルギ。男女ともに4階級で、トーナメント方式で争われる。  8メートルの八角形のマットで1ラウンド2分間を3ラウンド行う(インターバル1分)。ノックアウト(KO)で決着する場合と、得点・減点の集計で決まる場合がある。試合では頭にヘッドギアと胴体には防具を装着する。 種目 -58kg級(男子) -68kg級(男子) -…

続きを読む