8・8東京オリンピック2020チケット「追加抽選」本日開始

こんちにわ、愛Tです。 「8・8東京オリンピック2020チケット「追加抽選」本日開始」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「8・8東京オリンピック2020チケット「追加抽選」本日開始」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 8月8日(木)未明から19日(月)11時59分まで行われる「第1次抽選の追加抽選販売」だ。こちらは急きょ設けられた機会で、第1次抽選の敗者復活戦となる。抽選結果が発表されるのは2019年9月11日(水)。購入手続き期間は、2019年9月11日(水)から24日(火)23時59分までとなる。 「第1抽選の追加抽選販売」は、「第1抽選」の敗者復活戦という位置づけとなっている。そのため申し込む資格を持つのは、第1次抽選で1枚もチケットが当選しなかった人に限られる。つまり、期日までに支払いを行わずキャンセル扱いになった人も対象とはならず、申し込みをしても自動的に落選となる。また、そもそも第1次抽選でチケットを申し込まなかった人も対象とはならない。そのため第1次抽選でチケット申し込みに利用した「TOKYO 2020 ID」で申し込む必要がある。 「第1次抽選販売」では第1希望で複数の競技セッションを申し込むことができたが、「第1次抽選の追加抽選販売」の応募は第1希望で1セッションのみに…

続きを読む

東京パラリンピック2020に向けて障害者と競技団体とをつなぐ体験会

こんちにわ、愛Tです。 「東京パラリンピック2020に向けて障害者と競技団体とをつなぐ体験会」 のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京パラリンピック2020に向けて障害者と競技団体とをつなぐ体験会」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 来年の東京パラリンピックに向けて障害者と競技団体とをつなぐ体験会が開かれ、代表選手を目指すパラアスリートたちが参加しました。  4日、東京・品川区で行われたパラスポーツの体験会には、身体や視覚に障害のある小学生から45歳までの男女21人が参加しました。  参加者は30m走などで適性をはかったあと、柔道やボート、車いすフェンシングなど5つのパラリンピック正式種目に挑戦。来年に迫っている大会の代表選考に向けて競技団体への相談会も行われました。  「スノーボードの事故で脊髄を損傷した。来年じゃなくても、その先にもしも選手になれるのであればなりたいと思います」(参加者)  「チャンスがあるなら、全部チャレンジしたいなって」(参加者)  競技団体は「東京パラリンピックを機に、多くの人にパラスポーツに挑戦してほしい」と呼びかけています。 まとめ こういった、体験会が、いろいろなところで行われて…

続きを読む

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会・パブリックビューイング

こんちにわ、愛Tです。 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会・パブリックビューイング」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会・パブリックビューイング」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、大型スクリーンで競技中継を楽しむパブリックビューイング(PV)を自治体や町会、学校のほか、16年リオデジャネイロ五輪や18年平昌冬季五輪では認められていなかった商店街や病院なども主催できるとするガイドラインを発表した。  公表されたガイドラインでは、原則として営利目的ではない団体、組織にPVの主催を認める。選手の所属先については、病院や自衛隊などは認める。スポンサー企業が実施できるかどうかについては検討中という。  来年1月ごろに詳細を公表し、4月以降に組織委や放映権を持つNHK、日本民間放送連盟への申請を受け付ける。  国際オリンピック委員会(IOC)は五輪の知的財産を保護する指針を設けており、その運用について、組織委がPVを、日本オリンピック委員会が壮行会を主管する。東京五輪に向け、スポンサーの権限を厳格に守るため、平昌五輪の際は、出場選手の母…

続きを読む