東京オリンピック2020競技、テコンドーの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、テコンドーの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、テコンドーの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 テコンドー 競技人口は7,000万人といわれる韓国で生まれたスポーツ、格闘技のテコンドー。オリンピックではキョルギ(組手)が正式種目として採用され、日本国内にはオリンピックへの出場を目指す10代から20代の選手が数多くいます。 今回は2020年の東京オリンピック、テコンドー競技の日本代表選手候補を男女別でご紹介します。 東京オリンピック2020 テコンドーの日本代表選手候補は誰?男子 オリンピックでの男子テコンドーの階級は体重別で4つに分かれていますが、本来は8つの階級です。ここでは、2017年5月現在で登録されている階級でご紹介します。 【鈴木 セルヒオ(すずき せるひお)】 生年月日:1994年10月9日 身長:177cm 体重:61kg 出身地:神奈川県 所属:東京書籍(株) 58kg級の選手です。 日本人の父親と南米のボリビア出身の母親の間に生まれ、5歳の時に家族とともにボリビアへ移住しました。現地でテコンドーと出会い、高校はテコンドーの本場である韓国の漢城高校へ留学します。大…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、卓球の注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、卓球の注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020競技、卓球の注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 卓球 リオデジャネイロ・オリンピックでは男子団体で銀メダル、女子団体は銅メダルを獲得した卓球日本代表チーム。福原愛選手も引退し、少しずつ世代交代も進む2020年の日本代表は誰になるのか? 代表決定は2020年1月。それまでに出場した試合でのポイントから、ランキング上位者2名は自動的にオリンピックの代表入り、残る1名は戦績のほか、2名との団体戦の相性なども鑑みて決定されるという。2019年8月時点の世界ランキング上位に入る日本人選手を男女共にチェックしておこう。 【東京2020】2大会連続メダルを目指す、「卓球」日本代表候補たち 石川佳純 選手 石川佳純(いしかわかすみ)選手 1993年2月23日生まれ、山口県出身。元卓球選手の両親の元で英才教育を受け、中学2年生の時に全日本選手権でベスト8入り。高校1年生の時に、インターハイと国体、選抜、全日本ジュニアをすべて制覇。ロンドン・リオデジャネイロと2度のオリンピックに出場し、リオでは団体銅メダルを獲得したのは記憶に新しい。2019年8月時点での世界ラ…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、サーフィンの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、サーフィンの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、サーフィンの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 サーフィン 2020年の東京オリンピックで、正式種目に加わったサーフィン。 オリンピック競技になったことに加え、東京での開催とあって、日本のプロサーファーたちもより一層気合いが入るというものでしょう。 しかし当然ながら、日本代表に選ばれなければ、オリンピックへの出場は叶いません。 日本代表の座は、いったい誰がつかむのでしょうか? 今回は東京オリンピックの日本代表候補のなかから、特に注目の5選手を紹介していきます。 ①大原洋人 プロサーファー大原洋人は1996年11月14日生まれ、千葉県出身の男子サーファーです。大原がサーフィンを始めたのは8歳の時で、大きな転機となったのは彼が13歳の時でした。この年、大原は「NSA(日本サーフィン連盟)」が主催する全日本選手権に優勝、さらにアンダー16の年間チャンピオンにも輝いているのです。同じ年には「JPSA(日本プロサーフィン連盟)」公認のプロ資格を得て、プロのサーファーになり、「WSL(ワールドサーフリーグ)」のアンダー16・年間チャンピオンにも輝きました…

続きを読む