東京オリンピック2020会場の皇居外苑

こんちにわ、愛Tです。


「東京オリンピック2020会場の皇居外苑のことを知りたい。」


この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。


これを見れば、東京オリンピック2020会場の皇居外苑を知ることができます。


それではさっそくみていきましょう!


キャプチャ.PNG

皇居外苑についてまとめてみました




【オリンピック】


実施競技:陸上競技(競歩)


施設紹介

皇居外苑は、大会時には陸上競技(競歩)の競技会場として、仮設施設が整備されます。この皇居外苑は、黒松の点在する大芝生広場と江戸城のたたずまいを残す濠、城門などの歴史的建造物とが調和し、日本を代表する公園として親しまれています。



アクセス

東京メトロ千代田線「二重橋前駅」下車徒歩約2分

東京メトロ日比谷線「日比谷駅」下車徒歩約2分

東京メトロ有楽町線「桜田門前」下車徒歩約8分

JR「東京駅」下車徒歩約10分

JR「有楽町駅」下車徒歩約10分

※公共交通機関をご利用ください



皇居外苑地区は、黒松の点在する大芝生広場と江戸城のたたずまいを残す濠、城門などの歴史的建造物とが調和し、我が国を代表する公園として親しまれています。

 北の丸地区は、旧近衛連隊の跡地を森林公園として整備したもので、皇居内で一般公開がなされている東御苑をはさんで、皇居外苑地区と連絡し、一体的な公園利用が可能となっており、散策や自然観察などに利用されています。


皇居外苑は、昭和24年に旧皇室苑地の一部が、国民公園として、開放されたものです。


この公園は、皇居前広場を中心とした皇居外苑地区、皇居の北側に位置する北の丸地区及び12の濠によって皇居を取り巻いている皇居外周地区に大別され、総面積約115ヘクタールあり、このうち、濠の水面部分は12の濠をあわせて約37ヘクタールで苑地全体の約3分の1を占めます。


皇居外苑地区は、黒松の点在する大芝生広場と江戸城のたたずまいを残す濠、城門などの歴史的建造物とが調和し、我が国を代表する公園として親しまれています。



年間推計来苑者数:約580万人 苑地面積115ヘクタール

皇居外苑は、皇居前広場、北の丸公園等の江戸城の歴史的遺構と、皇

居を取り巻く12の濠等で構成。

皇居の緑と一体となった、都心の貴重な水と緑の空間となっており、我

が国を代表する象徴的な公園として内外から多くの来苑者が来訪


まとめ



東京オリンピック2020では、競歩が行われる皇居外苑ですが、都内でも緑の多くて、ジョギングコースとしても有名ですよね。名勝負が見られるといいですね。

最後に、東京オリンピックについての詳細は「愛Tソリューション」の公式ホームページで公開しています。合わせてご覧ください。
愛Tソリューションで検索.PNG
東京オリンピックでいろんな競技をみたいけど、
「そんな時間がない!!」
という方も多いでしょう。そこで、おすすめの日本最大級の動画サービス「U-NEXT」をご紹介します。
「U-NEXT」ではNHKの配信も行っているため、東京オリンピックに関する最新情報が発信されています。他にも、映画やドラマ、アニメの最新作から懐かしの名作まで140,000本以上の作品を取り揃えています。スマホやiphone、タブレット、で手軽にいつでも観ることができますので、大変おすすめの動画サービスです。
そろそろ日差しが気になりますね。
日焼け止めクリームだけで大丈夫?そんなときは、飲む日焼け止めの紫外線対策!!
詳しくはコチラ ⇒ [BIHAKUEN]UVシールド(UVShield)

この記事へのコメント