東京オリンピック2020競技の陸上競技:混成

こんちにわ、愛Tです。











「東京オリンピック2020競技の陸上競技:混成」のことを知りたい。













この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。













これを見れば、東京オリンピック2020競技の陸上競技:混成のことを知ることができます。













それではさっそくみていきましょう!


オリンピック競技


陸上競技


混成


陸上競技の覇者「キング・オブ・アスリート」、「クイーン・オブ・アスリート」の称号を勝ち取れ。

競技概要

紀元前708年、古代オリンピックでは、あらゆる競技能力に秀でた競技者を決めるため、「五種競技」が考えられた。これは、陸上4種目とレスリングの合計5種目を行い、順位を競うというものである。この競技にちなんで近代オリンピックで行われているのは、男子の10種競技と女子の7種競技。どちらも短距離、中・長距離、跳躍、投てきという陸上競技の全ての要素においてトップクラスの実力を持った選手同士が戦い、究極のオールラウンダーを決める。そのため、10種競技の勝者は「キング・オブ・アスリート」、7種競技の勝者は「クイーン・オブ・アスリート」と呼ばれる。


種目

10種競技(男子)

7種競技(女子)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

2日間にわたる長く過酷なレース 選手同士が生み出す勝敗を越えた連帯感に注目


男子の10種競技と女子の7種競技は、ともに2日間かけて戦われる。競技日程は以下の通り。


10種競技(男子)

・1日目:100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m

・2日目:110mハードル、円盤投、棒高跳、やり投、1,500m

7種競技(女子)

・1日目:100mハードル、走高跳、砲丸投、200m

・2日目:走幅跳、やり投、800m

短距離、中・長距離、跳躍、投てきという陸上競技の全ての要素が入るが、それぞれに使う筋肉やトレーニング方法が異なり、種目によっては相反する身体能力が必要となるため、全てにおいてトップの成績を収めるのは至難の技だ。そもそも2日間にわたって最高のパフォーマンスを維持することは難しい。そこで、選手は自分の得手不得手に応じて、投てきの試技の回数を少なめにして次の種目に集中したり、不得手な種目で力を抑えて体力を温存したりするなど、戦略的に競技を進めていく。


最も注目すべきは、最後に行われる中・長距離。10種競技の1,500m、7種競技の800mだ。最終順位が決まるというだけでなく、2日間の過酷な戦いのフィナーレを飾る種目になるからである。2日間、厳しい戦いを繰り広げた選手たちの間には、いつのまにかライバルを超えた連帯感が生まれる。そのため最終レースのフィニッシュでは、選手同士で手をつないだり、笑顔で抱き合ったり、肩を組んでウイニングランをしたりと、感動的なシーンが見られる。勝者も敗者もなくお互いに健闘を讃え合う選手たち。スタジアムの観客からは大きな拍手と歓声が沸き起こる。競技場全体が感動に包まれるのが、10種競技、7種競技のフィナーレなのだ。


OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

欧米勢がけん引。若手の台頭に期待したい。


10種競技は欧米選手が強さを誇っている。最近ではアシュトン・イートン(アメリカ)がロンドン2012大会とリオデジャネイロ2016大会のオリンピック2連覇。2013年と2015年の世界陸上競技選手権でも金メダルを獲得しているイートンだが、2017年1月に引退を表明した。リオデジャネイロ2016大会で銀メダルを獲得したケビン・マイヤー(フランス)が、しばらくは10種競技を引っ張る存在になると考えられる。


7種競技はかつてジャッキー・ジョイナー=カーシー(アメリカ)が圧倒的な強さを発揮。ロサンゼルス1984大会で銀メダル、続くソウル1988大会とバルセロナ1992大会で連覇を果たした。

だが、それ以降はジェシカ・エニス=ヒル(イギリス)を中心にヨーロッパ勢が上位を占めている。近年の注目選手はナフィサトウ・ティアム(ベルギー)だ。リオデジャネイロ2016大会で金メダルに輝いたティアムは、2017年5月、オーストリアで行われた混成競技の大会で優勝。世界3位の記録だった。東京2020大会でも活躍が期待される。


<日本>

国内の10種競技では、リオデジャネイロ2016大会で日本チームの旗手を務めた日本記録保持者の右代啓祐が盤石の強さを誇っていたが、2017年の世界陸上選手権代表選考会では右代より4歳若い中村明彦が優勝。右代とともに世界陸上の代表になった。中村は右代同様リオデジャネイロ2016大会代表。これからの日本の10種競技をけん引する存在だ。


7種競技では、日本人の母とアメリカ人の父をもつヘンプヒル恵(めぐ)に注目。ヘンプヒルは、日本選手権を2015年から3連覇中。混成競技での世界の壁は厚い。だが、急成長中のヘンプヒルならメダルを狙える可能性がある。東京2020大会での活躍を期待したい。


まとめ


有名人の武井壮さんが元々競技選手だった、陸上競技:混合ですが、武井壮さんに続く、アスリートの活躍が見られるといいですね。


この記事へのコメント