東京オリンピック2020会場の大井ホッケー競技場

こんちにわ、愛Tです。




「東京オリンピック2020会場の大井ホッケー競技場のことを知りたい。」




この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。




これを見れば、東京オリンピック2020会場の大井ホッケー競技場を知ることができます。




それではさっそくみていきましょう!



大井ホッケー競技場


会場概要

大井ふ頭中央海浜公園に整備される施設です。大会後は、ホッケーをはじめ様々なスポーツを楽しめる多目的球技場としていきます。


収容人数

オリンピック ホッケー:15,000


この会場で実施される競技

オリンピック競技

ホッケー

アクセス

東京モノレール「大井競馬場前駅」下車徒歩約8分

京浜急行「立会川駅」下車徒歩約20分

都営バス 品91「品川駅港南口」から乗車、「八潮南」下車徒歩約6分

都営バス 井92、直行01「大井町駅東口」から乗車、「八潮南」下車徒歩約6分

京急バス 森22、森30、森40「大森駅」から乗車、「中央公園」下車徒歩約5分

(森22のバスは、「大森海岸駅」を経由します。)

京急バス 井12「大井町駅東口」から乗車、「中央公園」下車徒歩約5分

(このバスは、「青物横丁駅」を経由します。)


所在地

東京都品川区八潮四丁目1番19号

東京都大田区東海一丁目2番1号


東京都財務局は「大井ホッケー競技場(仮称)(29)新築及び改修その他工事」の一般競争入札を9月29日開札し、落札者を20億0650万円で菊池建設に決めた。


 2020年東京五輪で使用する大井ホッケー競技場(品川区八潮ほか)の建築工事やフィールド整備などを行う。工期は19年6月27日まで。予定価格は21億3504万円、低入札価格調査の基準価格は19億2153万6000円だった。


 同日開札した「大井ホッケー競技場(仮称)(29)新築及び改修その他電気設備工事」の落札者は7億9000万円で関電工が落札した。


 建設地は東京都品川区八潮4の1。敷地面積は13万3751㎡で、メインピッチに客席数1万の常設スタンドを新築する。サブピッチは既存スタンドの内外装や設備の改修、エレベーターの増設などを行う。五輪開催後は多目的人工芝競技場としてホッケーや他競技の拠点施設になる。


ホッケー ルール解説

ホッケー競技規則・ホッケー競技運営規定などは、規定のページをご覧ください。


試合時間

国際大会をはじめとした大会は、各15分の4クオーター制 (計60分) で実施される。1Q と 3Q の後は2分、2Q 終了後は10分のハーフタイムが設けらる。また、一部の国内競技会は、前・後半各35分 (計70分) で行われ、5~10分のハーフタイムが入る (両チームの合意によって別に定めてもよい)。


勝敗

決められた時間内で得点を多くとったチームが勝者となる。同点の場合は延長戦を行い、得点が入った時点で試合終了のゴールデンゴール方式がとられる。決着がつかない場合は、サッカーのPK戦にあたるPS(ペナルティーストローク)戦が行われ、5名ずつのシューターによって争われる。


チームの人数・出場登録選手

出場登録選手は、1チーム18名※。 フィールドに立てるのはサッカーと同じ11人で、1人のゴールキーパーと10人のフィールドプレイヤーによって構成される。


ホッケーでは、選手交代は自由で、なおかつ何回でも交代できるので選手交代のタイミングが試合を大きく左右する。どの選手の運動量が落ちているか、試合の流れはどうなっているか、選手交代はいつ行われるかなどを読み切ることが試合を楽しむテクニックといえる。


※ 国際ルールでは16名、国内の大会では別規定で行われる場合もある。


まとめ


格闘技スポーツといわれる、ホッケー。そのホッケーが行われる大井ホッケー競技場。選手たちのあつい活躍がみられそうですね。


この記事へのコメント