東京オリンピック2020競技、馬術の注目選手

こんちにわ、愛Tです。




「東京オリンピック2020競技、馬術の注目選手」のことを知りたい。





この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。





これを見れば、
「東京オリンピック2020競技、馬術の注目選手」のことを知ることができます。







それではさっそくみていきましょう!





オリンピック競技


馬術


この馬術競技ですが、日本代表選手として現状では、以下のような選手が候補として挙がっているようですので、ご紹介したいと思います。


男子・女子共に3名の選手をご紹介します。




杉谷 泰造


杉谷 泰造(すぎたに たいぞう)選手は、1976年(昭和51年)6月27日生まれで今年で42歳のベテラン選手です。


大阪府和泉市の出身で、身長は170cm、体重は63kgで現在の所属は「杉谷乗馬クラブ」です。


これまでの馬術経歴ですが、1996年アトランタ五輪大会から2016年リオデジャネイロ五輪大会まで、実に6大会連続でオリンピック出場という快挙を成し遂げています。


かつて「オリンピックは参加することに意義がある」との名言を聞いたことがありますが、まさにそれを実証するくらい素晴らしい選手だと尊敬します。


6大会連続出場ということは、24年間欠かさずに出場したわけですから、素晴らしいという以外言葉もありません。


この出場記録ですが、日本記録になっているそうです。


この杉谷 泰造さんは、お父さんから影響を受けました。


なんと6歳の時だそうですから以来36年もの長い間、乗馬一筋にここまで来られたことになります。


17歳の時からオランダへ拠点を移されたそうで、今はドイツを拠点として活動をされているそうです。


さらに驚くことは、おじいさんとお父さんそして本人と、3代にわたって馬術の日本代表を務めているということですから、素晴らしい歴史のある馬術一家であると思います。


来年は故郷でもある日本で開催されることですから、感慨深いものがあるのではないでしょうか。


今回も活躍を期待したいと思います。




北島 隆三


北島 隆三(きたじま りゅうぞう)選手は、1985年(昭和60年)10月23日生まれで、今年で33歳になります。


兵庫県神戸市の出身で、現在の所属は「乗馬クラブクレイン」です。


もともとは乗馬の騎手になりたかったそうです。


これまでの主な成績は、2014年の仁川アジア大会で団体銀メダルを獲得しました。


2016年のリオデジャネイロオリンピックでも、参加した10選手中最年少として出場し、活躍をされました。


2018年にはジャカルタでの味大会で、見事に団体金メダルを獲得しています。


アメリカでのトライオン世界馬術選手権でも、団体で4位に入っています。


明治大学在学中には馬術部に所属して、キャプテンを務めました。


そして全日本学生大会では驚きの14連覇を達成していますが、その貢献者の一人だそうです。


今回も活躍を期待したいと思います。




法華津 寛


この法華津 寛(ほけつ ひろし)選手は、1941年(昭和16年)3月28日生まれで今年で78歳という超ベテラン選手です。


出身地は東京府だそうですが、この呼び方は1868年から1943年までの呼び名だそうです。


府庁所在地は東京市だそうですので、若い世代の人にとっては、分からない呼び名ですね。


身長は168cm、体重は61kgで、所属は「アバロン・ヒルサイドファーム」です。


馬術へのきっかけですが、12歳の時にサマーキャンプで初めて馬に乗ったそうです。


元外交官だったお父さんに頼み、東京乗馬倶楽部に加入し、以来学生時代から数々の大会に出場しているとのことです。


1964年の東京オリンピックでも出場しました。


その時の成績は障害飛越個人で40位、団体では12位の成績だったそうです。


2012年のロンドンオリンピックでは、年長記録で市場3番目という年長記録を達成しました。


馬によく言われる言葉の一つに「無事これ名馬なり」との名言がありますが、失礼ながら法華津選手も、そのような称号がふさわしいのではないかと思います。


来年の東京オリンピックにもぜひ出場を果たしていただきたいと思います。


Sponsored Link





武田 麗子


一方、女子の選手ですが武田 麗子(たけだ れいこ)選手は、1984年(昭和59年)12月14日生まれで、今年で34歳という若手の選手です。


兵庫県神戸市の出身で、現在の所属は「杉谷乗馬クラブ」です。


女性ですので身長と体重については省略しますが、ご家庭の方はご紹介したいと思います。


お父様は、あの超優良会社である「武田薬品工業」の元代表取締役会長CEOで、ほかにも重要な仕事をされている「武田 國男」さんとのことです。


乗馬ですが中学1年生の時から始めたとのことです。


その師匠は先ほど男子選手の一人でご紹介しました「杉谷 泰三」さんだそうです。


素晴らしい師に出会ったことにより、めきめきと乗馬技術を高めてきたものと思われます。


甲南大学卒業後にベルギーに渡っていましたが、現在はドイツを拠点として活動中とのことです。


ここまでの経歴ですが、2010年のアジア競技大会で初めて日本代表に選出されました。


その時の成績は、障害飛越個人で24位だったそうです。


2012年のロンドン五輪と2016年のリオデジャネイロ五輪で、2大会連続出場を果たしています。


写真で見てもお分かりの通り、飛び切りの美人選手ですので、人気はかなり高いということです。


今回も活躍を期待したいと思います。




黒木 茜


黒木 茜(くろき あかね)選手は、1978年(昭和53年)8月13日生まれで、今年で40歳の中堅選手です。


兵庫県加古川市の出身で、現在の所属は「スクーデリアエクイット」です。


20歳の時に初めて体験乗馬で馬に乗ったそうですので、割合遅めのデビューといえますね。


馬術競技はその後5年経過してから始めたとのことで、候補選手の中では、一番競技歴が短い選手です。


老人ホームを経営されていてオランダでトレーニングを積んでいる選手ですので、行き来が大変だと思いますが、それでも頑張っているようです。


ここまでの経歴ですが、2016年のリオデジャネイロ五輪では日本代表に選出され、個人で50位、団体では11位の成績を収めています。


今回も活躍を期待したいと思います。




北井 裕子


北井 裕子(きたい ゆうこ)選手は、1973年(昭和48年)1月15日生まれで、今年で46歳という中堅選手です。


神奈川県横浜市の出身で、現在の所属は「アジェンダ乗馬学校」です。


乗馬のきっかけは、小学6年生の時に実家で乗馬学校を経営していたことで、始めたそうです。


青山学院大学在学中に体育会馬術部に所属していたそうです。


そして2007年にドイツに遠征しました。


経歴ですが、2008年の北京五輪と2016年のリオデジャネイロ五輪でそれぞれオリンピックに出場していますが、成績については不明です。


今回も活躍を期待したいと思います。


以上ここまでは馬術競技の注目選手をお伝えしました。


東京五輪馬術の有力選手は?

そこでここからは有力選手を取り上げてみたいと思います。


男子選手では若手の選手である「北島 隆三」選手を推してみたいところですね。


過去においても金メダルと銀メダルをそれぞれ獲得していることもあり、有力な選手の一人であることは、間違いありません。


今回も大いに期待したいと思っています。


一方、女子選手では「黒木 茜」選手を推したいと思います。


40歳という年齢は馬術競技ではちょうどよい年齢であり、しかも2018年のアジア競技大会では、馬術団体戦で見事に金メダルを獲得しています。


この選手にも今回、大いに期待したいと思っています。


以上有力と思われる選手を2名選んでみましたが、ほかの選手にも頑張ってほしいと思っています。


まとめ

東京オリンピック2020日本人代表選手の最高齢になるであろう、78歳の選手がいる馬術。人馬一体となった、美しい活躍が見られるといいですね。

この記事へのコメント