東京オリンピック2020会場の横浜国際総合競技場

こんちにわ、愛Tです。






「東京オリンピック2020会場の横浜国際総合競技場」






この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。






これを見れば、東京オリンピック2020会場の横浜国際総合競技場を知ることができます。







それではさっそくみていきましょう!



横浜国際総合競技場


会場概要

日本最大規模の72,327席の観客収容能力を誇る屋外多目的競技場です。神奈川県横浜市にあります。


収容人数

オリンピック サッカー:72,000


横浜国際総合競技場

この会場で実施される競技

オリンピック競技

サッカー

アクセス

JR東海道新幹線、JR横浜線「新横浜駅」下車徒歩約14分

横浜市営地下鉄「新横浜駅」下車徒歩約12分

JR横浜線「小机駅」下車徒歩約7分

横浜市営バス(300系統)「新横浜駅」から乗車、「日産スタジアム前」下車

東急バス(綱72系統)「新横浜駅」、横浜市営地下鉄「新羽駅」、東急東横線「綱島駅」から乗車、「日産スタジアム前」下車

東急バス(直行)東急田園都市線「溝の口駅」から乗車、「日産スタジアム前」下車


所在地

神奈川県横浜市港北区小机町3300


建設省関東地方建設局(現・国土交通省関東地方整備局)が1984年(昭和59年)に事業着手した「鶴見川多目的遊水地整備事業」に、横浜市が共同事業者として「横浜総合運動公園(現・新横浜公園)整備事業」として参画し、その中核施設として建設された施設である。神奈川県が主会場となった第53回国民体育大会秋季大会(かながわ・ゆめ国体)の主会場整備や2002 FIFAワールドカップ会場整備を念頭に1994年(平成6年)1月に建設着手し、約3年半の工期を経て1997年(平成9年)10月に竣工、翌1998年(平成10年)3月に供用を開始した。日本国内最大の72,327席(二層式)の観客収容能力を誇る、屋外多目的競技場である。建物高さは最高51.96m、軒高43.86m。


日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する横浜F・マリノスのホームスタジアムの1つであり、ホームゲームの多くを開催する。F・マリノスと同じく横浜市をホームタウンとする横浜FCもホームゲームを開催することがある。


2002 FIFAワールドカップ日本・韓国共同開催の決勝戦が開催された会場であり、同大会で日本代表がW杯初勝利を挙げた会場でもある。また、FIFAクラブワールドカップ日本大会の決勝戦会場にもなっている。


まとめ

東京オリンピック2020のサッカーの会場となる横浜国際総合競技場ですが、いい試合が繰り広げるといいですね。


この記事へのコメント