東京オリンピックIOC調整委員会10/30~11/1

こんちにわ、愛Tです。







「東京オリンピックIOC調整委員会10/30~11/1」のことを知りたい。








この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。









これを見れば、

「東京オリンピックIOC調整委員会10/30~11/1」のことを知ることができます。







それではさっそくみていきましょう!



2020年東京五輪のマラソンと競歩の開催地を札幌市に移す計画について、提案した国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会や東京都などが協議するIOC調整委員会が30日から11月1日にかけ、都内で開かれる。組織委や政府は容認する姿勢だが、都は反発している。札幌開催が決まっても、費用負担やルート選定など課題は山積している。


2020年東京五輪の準備状況を確認する調整委員会が30日、東京都内で始まる。国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会、東京都などが、マラソン・競歩の札幌開催案などについて来月1日まで議論する予定。都は札幌開催に反発しており、費用負担など問題も山積している。


 「いきなり最後通牒(つうちょう)みたいな話になったのは、都民からしても解せない」。東京都の小池百合子知事は28日夜、出演した民放の番組でIOCに対する不信感をあらわにした。


 小池氏に組織委側が移転案を伝えたのは、IOCが発表する前日の15日。都の関係者によると、小池氏は「もう少し時間がほしい」と求めたが受け入れられなかったという。この関係者は「都側には調整をする余地が一切与えられなかった」と憤る。


 小池氏は25日の定例会見で、競技の開始時間を前倒ししての東京開催について言及。同日に小池氏と会談したIOCのジョン・コーツ調整委員長が札幌移転を「最終結論」と強調してもなお、東京開催を主張する姿勢を崩していない。


まとめ


費用面のこと、会場を変更すると、色々なことを考える必要がありますが、アスリートファーストでお願いしたいですね。

この記事へのコメント