東京オリンピック2020会場の武蔵野の森公園

こんちにわ、愛Tです。



「東京オリンピック2020会場の武蔵野の森公園のことを知りたい。」



この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。



これを見れば、東京オリンピック2020会場の武蔵野の森公園を知ることができます。



それではさっそくみていきましょう!



武蔵野の森公園


会場概要

武蔵野の森公園は、大会時には自転車競技(ロードレース)のスタート地点として仮設施設が整備されます。公園の周囲には武蔵野の森が広がり森の緑を背景として美しい景観が楽しめます。また、各都道府県の石が置かれている「ふるさとの丘」からは調布飛行場が一望でき、澄んだ空気の日には新宿副都心のビルを望めます。


武蔵野の森公園

この会場で実施される競技

オリンピック競技

自転車競技(ロード(ロードレース・スタート))

アクセス

西武多摩川線多磨駅から徒歩5分

所在地

府中市朝日町三丁目

調布市西町

三鷹市大沢五・六丁目


★広~い芝生広場のあるとてもきれいな公園です。道幅も広くゆったりとしているので、ベビーカーや車椅子でも安心です。遊具はないので、ボールやバドミントンなどを持って遊びに行こう!

★調布基地跡地にできた公園です。災害時には活動の拠点となるため、災害対策用施設の井戸や修景池があります。

★平成26年4月1日に、サービスセンター内に小学生未満の乳幼児とその親子が利用できる「のびのび親子館」がオープンしました。(利用時間:午前10時~午後4時)

★調布飛行場が隣接しており、飛行機の離着陸を間近で見ることができます。飛行機好きの男の子におススメです。公園の近くには「味の素スタジアム」もありますよ。

府中といえば・・・公園!!

府中のいいところはと聞くと、「緑・公園が多いところ」と答えが返ってくるほど、たくさんの公園があります。そんな中で、武蔵野の森公園をご紹介したいと思います。

調布基地の跡地を利用し、2000年に開園した公園です。広場や池、サッカー場や野球場、テニスコートなどがあります。


入り口を入ってすぐ、森の中を歩いているような小道があります。散策するとこんなかわいらしいウサギ達が迎えてくれます。ちょっと奥まったところにあるので、探してみてくださいね。


ふるさとの丘

都道府県の木が植えてある県木園はよくあると思いますが、こちらの公園には石の置いてある丘があります。いつもあまり興味を持っていない方も多いかと思いますが、色や質感などさまざまあって意外と面白いですよ。どこの石かな?と考えたり、散歩の合間に頭をリフレッシュさせてみませんか。


「ふるさとの丘」、ここから振り向くと調布飛行場が一望できます。

~飛行機の離着陸が見られる公園!~

都立武蔵野の森公園は、戦前東京調布飛行場として陸軍が使用していましたが、戦後米軍の管理を経て、昭和42年に都に返還され、平成12年に公園となりました。


府中市、三鷹市と調布市の3つの市にまたがるこの公園は、とても広い芝生が広がっているので、子どもがストライダーや自転車の練習をしたり、バドミントンやボールなどを持ってきて遊んだり、天気の良い日にはお弁当を持ってきてピクニックを楽しんだりするには最適です。


広くて芝生なので最近流行りのストライダーも、おもいっきり走っても大丈夫!


荷物が多くても駐車場(有料)があるので車でのお出かけもOKです。


公園の隣に調布飛行場があり、セスナの離着陸を間近で見ることができます。

公園内には小高い丘(ふるさとの丘・展望の丘)や展望台があるので、飛行場全体が見渡せます。


沢山止まっているセスナが、次々飛んでいく様子を間近で見ることができるので、かなりの迫力!

子どもだけでなく大人も釘づけ!


~天気の悪い日でも室内で遊べる「のびのび親子館」~

定期的にイベントも開催されています♪

サービスセンター内に親子(未就学児)で遊べる「のびのび親子館」(無料)があります。


また、センター内には防災グッズの紹介コーナー、輪投げやクイズコーナーがあり、子どもと一緒に楽しみながら学ぶことができます。


こののびのび親子館では、定期的にお話しの会などイベントが開催されているので、お出かけ前にホームページをチェックするといいと思います。


サービスセンター内には授乳室も完備されています


まとめ


自転車ロードレースのスタート地点である、武蔵野の森公園。白熱レースが期待できますね。




この記事へのコメント