東京オリンピック2020会場の札幌ドーム

こんちにわ、愛Tです。





「東京オリンピック2020会場の札幌ドーム」





この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。





これを見れば、東京オリンピック2020会場の札幌ドームを知ることができます。






それではさっそくみていきましょう!


札幌ドーム


会場概要

サッカーと野球のプロチーム2つの本拠地にもなっている施設です。日本最北にある全天候型ドームスタジアムです。北海道札幌市にあります。


収容人数

オリンピック サッカー:41,000


札幌ドーム

この会場で実施される競技

オリンピック競技

サッカー

アクセス

市営地下鉄東豊線「福住駅」下車後、3番出口から徒歩約10分

シャトルバス発着地点(イベント時のみ運行):地下鉄南北線「真駒内駅」、地下鉄南北線「平岸駅」、JR「白石駅」、地下鉄東西線「南郷18丁目駅」、新札幌バスターミナル(JR新札幌駅)


所在地

北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地



札幌ドーム(さっぽろドーム、英称: Sapporo Dome)は、北海道札幌市豊平区羊ケ丘にあるドーム球場である。施設は札幌市が所有し、札幌市と道内財界各社が出資する第三セクター・株式会社札幌ドームが運営管理を行っている。


日本で唯一の完全屋内天然芝サッカースタジアムであり、天然芝サッカー場移動方式「ホヴァリングシステム」を世界で初めて採用した。このシステムによりサッカー用天然芝グラウンドと野球用人工芝グラウンドの併用が可能となっている。「第44回BCS賞」・平成14年度(2002年)「赤レンガ建築賞」受賞。


日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)北海道コンサドーレ札幌のホームスタジアム、日本プロ野球(NPB)パシフィック・リーグの北海道日本ハムファイターズの本拠地球場として使用されている。以前はプロ野球マスターズリーグ・札幌アンビシャスも札幌ドームを本拠地としていた。また各種イベントにも利用されており、様々な国際大会が開催されている。


開業時より「Hiroba」の愛称がある。2017年現在、パシフィック・リーグで唯一命名権を導入していない本拠地球場でもある。


日本では唯一プロ野球チームとプロサッカーチームがそれぞれ公式戦の開催、特定のチームが本拠地として共同使用しているスタジアムである。


開業15周年を迎えた2016年6月2日にマスコットキャラクター「チャームコロン」が誕生。


まとめ


東京オリンピック2020のサッカーの会場となる札幌ドームですが、いい試合が繰り広げるといいですね。


この記事へのコメント