東京オリンピック2020競技、テニスの注目選手

こんちにわ、愛Tです。




「東京オリンピック2020競技、テニスの注目選手」のことを知りたい。





この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。




これを見れば、
「東京オリンピック2020競技、テニスの注目選手」のことを知ることができます。




それではさっそくみていきましょう!






オリンピック競技


テニス


近年のテニス界では錦織圭選手を筆頭に日本選手の活躍が目覚しく、2020年東京オリンピックでもメダルの期待が高まっていますね。今回は東京オリンピックのテニスの日本代表となりうる選手を何名かご紹介したいと思います。


東京オリンピック2020 テニスの代表選手は誰?男子

【錦織 圭(にしこり けい)】

生年月日:1989年12月29日

出身地:島根県

所属:日清食品

戦績:リオオリンピックではナダルとの死闘を制し銅メダル


2014年8月に行われた全米オープンで、アジア出身の選手として初となるグランドスラムの決勝に進出し、日本テニス界の歴史を塗り変えた錦織選手。現在世界ランク5位、リオオリンピックでもメダルを獲得していることもあり、東京オリンピックではさらに上のメダルを狙えるのでは、と期待も高まります。


【ダニエル太郎(だにえる たろう】

生年月日:1993年1月27日

出身地:アメリカ・ニューヨーク

所属:株式会社エイブル

戦績:シングルス1勝(イスタンブール2018で初優勝)


アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、現在スペインのダビド・フェレールも練習拠点としているクラブで練習を続け、着実に実績を残している期待の若手選手です。2014年のデビスカップでは錦織選手欠場の代わりとして大抜擢され、初の日本代表として選出されています。


【西岡 良仁(にしおか よしひと)】

生年月日:1995年9月27日

出身地:三重県

所属:ミキハウス

戦績:深センオープン2018で初優勝


ジュニア時代にメキシコのフューチャーズで優勝。2014年にグランドスラムに初出場し、アジア大会では金メダルを獲得しています。2016年の世界ランキングではトップ100入りを果たしています。




東京オリンピック2020 テニスの代表選手は誰?女子

【大坂 なおみ(おおさか なおみ)】

生年月日:1997年10月16日

出身地:大阪府

所属:日清食品

戦績:インディアンウェルズ2018で初優勝・全米オープン2018・全豪オープン2019・ランキング1位を達成


ハイチ出身のアメリカ人の父と、日本人の母を持ち、姉まりとともに父親の手ほどきを受けて成長。2014年7月のスタンフォード大会では、当時19位のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を下す大金星をあげました。2016年にはWTAの最優秀新人賞にも選ばれています。


【土居 美咲(どい みさき)】

生年月日:1991年4月29日

出身地:千葉県

所属:ミキハウス

戦績:2015年ルクセンブルクツアー優勝、全豪オープン・全仏オープン・ウインブルドン・全米オープン本選出場。


ジュニア時代から世界の舞台で活躍している選手で、いまや日本女子のエース各ともいえる存在。2012年にはHPオープンでクルム伊達を破りベスト8入り、2016年のウインブルドンではベスト16に進出、同年10月の世界ランキングでは自己最高の30位となりました。


【奈良 くるみ(なら くるみ)】

生年月日:1991年12月30日

出身地:大阪府

所属:安藤証券

戦績:2014年リオ・オープンでツアー初優勝。全豪オープン・全仏オープン・ウインブルドン・全米オープン本選出場。


ウインブルドンでは土居美咲とダブルスを組み準優勝、同年の世界スーパージュニアではシングルスで優勝するなど、ジュニア時代から「天才テニス少女」と呼ばれていました。2015年のインターナショナル・プレミア・テニス・リーグでは世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズを破り、注目を集めました。


まとめ

東京オリンピック2020のテニスの代表候補となりそうな選手を何人かご紹介しましたが、他にも注目される選手がたくさんいます。若い世代の選手たちも着実に実力をつけているようで、どの選手が選ばれるか楽しみですね。


この記事へのコメント