東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題04

こんちにわ、愛Tです。







「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題04」のことを知りたい。







この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。






これを見れば、
「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題04」のことを知ることができます。




それではさっそくみていきましょう!



札幌開催が決まった2020年東京五輪の競歩について、JR札幌駅南口を起点に大通公園を交差し、すすきの方面へ伸びる「札幌駅前通」を活用する周回コース案が浮上していることが14日、関係者への取材でわかった。


 札幌駅前通は市中心部を南北に走る目抜き通りで、プロ野球日本ハムの優勝パレードが行われるなど、道幅も広い。マラソンコースは大通公園発着で、市中心部を2周する周回コース案を軸に調整が進んでいる。


 大会組織委員会は同日、札幌市、北海道との第2回実務者会議を18日に同市内で開くと発表した。東京都内で取材に応じた森泰夫・大会運営局次長は「早く議論を重ねないといけないのはコースと日程。(協議の)ポイントはその2点になる」と話した。



まとめ


競歩のコースにも、いろいろな案があるようですね。日程も差し迫っているので、早く決まってほしいですね。

この記事へのコメント