東京オリンピック2020交通渋滞対策のテスト

こんちにわ、愛Tです。








「東京オリンピック2020交通渋滞対策のテスト」のことを知りたい。









この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。










これを見れば、交通渋滞対策のテストのことを知ることができます。









それではさっそくみていきましょう!


東京オリンピック開幕までちょうど1年となった。暑さや交通の混雑などが課題で、24日は、高速道路などを大規模に規制するテストが行われている。


24日午前0時から24時間、首都高速道路の入り口のうち、新国立競技場に近い「外苑」の上り・下り、選手村に近い「晴海」「新都心」の4か所が閉鎖される。


また、首都圏の高速道路の11か所の料金所でレーン数を減らして渋滞具合を検証するほか、西神田、高井戸など50か所の入り口も交通量が増える場合は閉鎖する。


一般道でも、都心に向かう車の量を減らすため、信号の時間を調整する。


東京大会の期間中は、渋滞を減らして、選手らがスムーズに移動できるよう、東京都などは、車利用の自粛を呼びかけていて、24日と同じ交通規制は26日にも行われる。


来夏の東京五輪に向け、交通渋滞対策のテストも本格化する。大会組織委員会や関係機関は24、26の両日、競技会場が集中する都心への交通量を抑えるため、首都圏の高速道路11カ所の料金所で終日、高速道路に入るためのレーンを減らす。首都高では4カ所の入り口を終日閉鎖し、当日の混雑に応じてほかの入り口も段階的に閉鎖する。テレワークの推進期間に合わせて大会本番と同規模の規制を試行し、効果を検証する狙いだ。


交通規制

令和元年7月24日(水曜)及び、7月26日(金曜)

令和元年8月23日(金曜)

(注記)8月23日(金曜)は、7月のテスト結果により実施を判断します。


交通規制内容

高速道路は、本線料金所から都心方向に流入する車の通行制限、交通状況により入口閉鎖等を行います。一般道は、環状七号線を超えて都心方向に流入する車の通行制限を行います。


備考

8月25日(日曜)には、開会式・閉会式を想定した交通対策テストを実施します。詳細については、下記お問い合わせ先にご確認をお願いします。


東京2020大会における「交通対策」の重要性について

大会期間中は、選手をはじめとする大会関係者を安全かつ円滑に輸送することが大切です。


マイカー利用の自粛(電車の利用)や業務用車両の通行調整など、交通量の低減へのご協力をお願いします。

その上で、高速道路の必要な箇所で、本線料金所での通行制限や交通量に応じた入口閉鎖等の交通規制を段階的に実施し、大会成功の土台ともなるスムーズな交通環境をめざします。

まとめ

東京オリンピック2020の向けて、具体的な準備が着々とされていきます。この対策で少しでもスムーズに進むといいですね。


この記事へのコメント