東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する駐車場対策

こんちにわ、愛Tです。









「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する駐車場対策」のことを知りたい。









この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。










これを見れば、


東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する駐車場対策のことを知ることができます。












それではさっそくみていきましょう!


国土交通省は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する駐車場対策協議会」を7月29日に開催し、今夏の試行期間の取り組みについて検討すると発表した。


東京オリンピック・パラリンピック大会期間中の輸送対策については、会場周辺など重点的に交通を抑制するエリアで、駐車場探しによるうろつきを抑えるための事前予約システムの導入やパークアンドライドの促進などの対策が必要。このため、東京オリンピック・パラリンピックにおける駐車場対策を官民連携のもとで推進するため「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する駐車場対策協議会」を設置して、今夏の試行やテストイベント時も含めた具体的な対策を検討・調整する。


今回、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する駐車場対策について、今夏の試行期間の取り組みとして、会場周辺の時間貸駐車場の一部予約専用化することなどを検討する。


概要

 東京オリンピック・パラリンピック大会期間中の輸送対策については、働きかけによるTDM*に加え、会場周辺など重点的に交通を抑制するエリアにおいて、駐車場探しによるうろつきを抑えるための事前予約システムの導入やパークアンドライドの促進などの対策が必要です。

 このため、東京オリンピック・パラリンピックにおける駐車場対策を官民連携のもとで推進するため、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する駐車場対策協議会」を設置し、今夏の試行やテストイベント時も含めた具体的な対策実施に向けた検討や調整を行います。


★TDM

交通需要マネジメント(こうつうじゅようマネジメント、Transportation Demand Management、TDM)は、自動車利用者の行動パターンを従来から変化させることにより、道路渋滞をはじめとする交通問題を解決する手法。


まとめ


駐車場も大きなもんだいですね。スムーズま運営になってほしいものですね。

この記事へのコメント