東京パラリンピック2020に向けて障害者と競技団体とをつなぐ体験会

こんちにわ、愛Tです。








「東京パラリンピック2020に向けて障害者と競技団体とをつなぐ体験会」

のことを知りたい。











この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。









これを見れば、

「東京パラリンピック2020に向けて障害者と競技団体とをつなぐ体験会」のことを知ることができます。










それではさっそくみていきましょう!





来年の東京パラリンピックに向けて障害者と競技団体とをつなぐ体験会が開かれ、代表選手を目指すパラアスリートたちが参加しました。


 4日、東京・品川区で行われたパラスポーツの体験会には、身体や視覚に障害のある小学生から45歳までの男女21人が参加しました。


 参加者は30m走などで適性をはかったあと、柔道やボート、車いすフェンシングなど5つのパラリンピック正式種目に挑戦。来年に迫っている大会の代表選考に向けて競技団体への相談会も行われました。


 「スノーボードの事故で脊髄を損傷した。来年じゃなくても、その先にもしも選手になれるのであればなりたいと思います」(参加者)

 「チャンスがあるなら、全部チャレンジしたいなって」(参加者)


 競技団体は「東京パラリンピックを機に、多くの人にパラスポーツに挑戦してほしい」と呼びかけています。


まとめ


こういった、体験会が、いろいろなところで行われているようです。機会があったら参加するのもいいかもしれませんね。

この記事へのコメント