東京オリンピック2020競技のトライアスロン

こんちにわ、愛Tです。









「東京オリンピック2020競技のトライアスロン」のことを知りたい。










この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。











これを見れば、
東京オリンピック2020競技のトライアスロンのことを知ることができます。







それではさっそくみていきましょう!



トライアスロン


スイム、バイク、ラン。異なる3つの競技を制する真の鉄人は誰だ。


競技概要

トライアスロンは、スイム(水泳)・バイク(自転車ロードレース)・ラン(長距離走)の3種目を、この順番で1人のアスリートが連続して行う耐久競技。ラテン語の3を表すトライと、競技を意味するアスロンを組み合わせて名付けられた。


オリンピックでは、スイム1.5キロメートル、バイク40キロメートル、ラン10キロメートルの、合計51.5キロメートルで着順を争う。この設定距離は、オリンピック・ディスタンス、またはスタンダード・ディスタンスと呼ばれている。男子のメダリストは1時間45分ほど、女子のトップは2時間を切るスピードで駆け抜けてゆく。


トライアスロンは、1974年に初めてアメリカで競技大会が開催された比較的新しいスポーツである。シドニー2000大会から正式競技となり、男女とも実施されている。東京2020大会では、新種目として男女による混合リレーが行われる。


種目

個人(男子/女子)

混合リレー

コース詳細

オリンピック トライアスロン 個人(男子/女子)


スタート・フィニッシュ:お台場海浜公園

距離:

水泳(スイム)1.5km(1km+0.5km)

自転車(バイク)40km(5km×8周回)

ランニング(ラン)10km(2.5km×4周回)


マップ

オリンピック トライアスロン 混合リレー


スタート・フィニッシュ:お台場海浜公園

順序:女子→男子→女子→男子

距離(1人当たり):

水泳(スイム)300m

自転車(バイク)7.4km(3.7km×2周回)

ランニング(ラン)2km(1km×2周回)


ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

選手同士の駆け引きやトランジションにも注目

バイクを行う選手

トライアスロンは、経験と戦略のスポーツとも言える。3つの種目それぞれの能力の高さはもちろん、バランスやペース配分が大切だからだ。スイムから先行してランで逃げ切ったり、速いランニングタイムで後方から追い上げたりと、各選手が得意とする種目で、いかに他の選手と差をつけられるかが見ものだ。


また、競技中スイムからバイク、バイクからランへと種目を転換するトランジションも、注目すべきポイントの一つ。トランジションエリアで、次の種目に合わせたウェアに着替え、シューズを履き替えるが、この時間もタイムに含まれる。そこで選手は素早くスムーズに着替えねばならず、ウェアやシューズ、ヘルメット、サングラスなど用具の配置にも各自工夫を施して、無駄な動きを省く。例えば、少しでもタイムを縮めるために、バイクシューズをあらかじめペダルに付けておき、走りながらシューズを履くほどだ。トランジションは、トライアスロンの第4種目と言われることもあるほど、重要なポイントなのだ。


さらに、ドラフティングと呼ばれる戦術にも注目したい。空気抵抗の軽減を図るため、バイクで先行する選手の直後を走って風よけとし競技を有利に展開する戦術で、どちらが先に出るか。お互いの駆け引きに、観ている者の緊張感も高まる。


そしてランでは、選手はフィニッシュが近づくにつれて徐々に加速し、スパートする。長距離での勝負ではあるが、最後は僅差となることもあり、フィニッシュラインを越えるまで目が離せない。


OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

イギリスなどヨーロッパ勢の強さが目立つ強豪国の選手の活躍に注目

ランを行う選手

トライアスロンは、競技として成立してから40年余り、オリンピックでもまだ5回しか行われていない歴史の浅いスポーツだが、競技人口は世界中で着実に増加しており、世界選手権から各地域で催される小規模な大会まで、年間を通じて数多く実施されている。各国の状況をみると、イギリスをはじめとしたヨーロッパ勢の強さが目立っている。また、競技発祥の地であるアメリカや、オーストラリア、カナダなども各種大会への出場者が多く、好成績を記録している。


オリンピックでの参加枠は、国際トライアスロン連合(ITU)が指定する競技会での成績に対して、選手の所属する国別にポイントが与えられ、ポイントが上位の国から順に3枠、2枠、1枠と割り振られる。したがって、成績が上位の国ほどより多くの選手が参加でき、メダル獲得のチャンスも広がるというわけだ。


これまでの5大会で金メダルを獲得したのは、男子はイギリスが2個、ドイツ・ニュージーランド・カナダが各1個。なお、イギリスのアリスター・ブラウンリーは、ロンドン2012大会とリオデジャネイロ2016大会を連覇している。女子は、スイスが2個、アメリカ、オーストラリア、オーストリアが各1個となっている。メダルの男女総数では、イギリス、スイス、オーストラリアが計5個と肩を並べており、選手層の厚さからも強豪国と呼べるだろう。


東京2020大会でも、これら強豪国の選手が活躍する公算が高いが、思わぬ国から新鋭が現れる可能性にも期待したい。


<日本>

日本は、シドニー2000大会から、男女とも出場を続けている。北京2008大会では、井出樹里が5位入賞を果たした。世界のトップクラスとはまだ差があるものの、女子は毎回3名の選手が出場しており、実績を挙げつつある。リオデジャネイロ2016大会では、佐藤優香が15位と健闘した。


まとめ


鉄人レースと呼ばれる、トライアスロン。日本人選手の活躍が見られるといいですね。

この記事へのコメント