東京オリンピック2020ボランティアらのユニホームのデザイン

こんちにわ、愛Tです。






「東京オリンピック2020ボランティアらのユニホームのデザイン」のことを知りたい。







この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。








これを見れば、


東京オリンピック2020ボランティアらのユニホームのデザインのことを知ることができます。







それではさっそくみていきましょう!




2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7月19日、ボランティアら11万人以上が着用するユニホームのデザインを発表した。日本の伝統色で大会エンブレムと同じ「藍」を基調とし、ポロシャツには通気性の良い素材を使用するなど暑さ対策に配慮した。

。会場などで活動する大会ボランティア8万人と大会組織委員会の職員8千人は「フィールドキャスト」と呼ばれ、ユニホームは涼しげな大会カラーの藍色が基調。駅などで道案内などをする都市ボランティア3万人は「シティキャスト」と呼ばれ、ユニホームに大会エンブレムの市松模様を大胆に配置した。


 デザインは約30候補のなかから決まり、組織委のユニホームデザイン選考委メンバーだった香取慎吾さんは、「着心地が良い。2020年の夏、このユニホームを着て活躍するボランティアのみなさんのことを思い、考えてつくった」と記者会見で話した。


 日本の夏特有の高温多湿に対応し、優れた吸汗速乾性や通気性を実現。再生ポリエステル材や植物由来材を多く採り入れ、環境にも配慮したという。


まとめ


市松模様が鮮やかなユニホーム。ボランティアの方々が気に入ってくれるといいですね。

この記事へのコメント