東京オリンピック2020選手村の跡地マンション

こんちにわ、愛Tです。







「東京オリンピック2020選手村の跡地マンション」のことを知りたい。






この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。





これを見れば、
「東京オリンピック2020選手村の跡地マンション」のことを知ることができます。







それではさっそくみていきましょう!




開幕まで1年を切った東京五輪は、水面下で意外な“場外戦”が勃発している。完成間近の選手村(東京・晴海)は大会後に分譲マンションとして転用されるが、すでに申し込みが殺到し、チケット抽選以上の激しい争奪戦となっているのだ。


 3方面が海に囲まれる選手村は敷地面積44ヘクタール。東京五輪・パラリンピック組織委員会の選手村マネジメント部長・北島隆氏(51)が「素晴らしい環境です」と話すように、その“跡地”の青田買いを狙う者は多い。


 選手村の宿泊棟は大会後に改修され、4145戸を分譲予定。「HARUMI FLAG」と名付けられた巨大な街には学校や病院、公園などが入る。初回販売600戸に対して申し込みは1543組。夜景が見渡せる最上階の部屋の競争率はなんと71倍で、2億3000万円の4LDKの部屋もあったという。


 ある組織委幹部は「海と緑があるのに銀座から約2キロは魅力。飲んでタクシーで帰っても1000円だからね」と語り、北島氏は「パラリンピック選手の車イスを考慮したつくりになっていて、廊下が通常よりだいぶ広くてゆったりしている」という居住のメリットを挙げる。一部では選手の使用済みを敬遠する声もあるが、販売を手がける事業者は「大会後は間取りから内装まですべて一新し、配管も掃除するので正真正銘の新築です」と自信満々だ。


 一方、地元の不動産業者は「交通の便が悪いのは痛恨」と疑問視する。最寄り駅の都営大江戸線「勝どき」から徒歩20分。BRT(バス高速輸送システム)は開通するが、とても便がいいとは言えない。計画中の新路線が開通すれば付近に地下鉄駅ができるものの、何十年先になるか分からない。


大会後は改修されて民間のマンションとして分譲や賃貸される。


選手村は中央区晴海の臨海部に設置され、銀座などの繁華街に近い都市型かつ三方を海に囲まれた立地となっている。


東京ドーム約9個分に相当する約44ヘクタールの土地に、21棟・3800戸の宿泊施設や商業施設、競技会場に向かう専用バスの発着場などが建設される。村内には東京都が2つの公園を整備する。


宿泊施設は現在、五輪にむけて内装工事が進められており、12月に完成する予定だ。開村期間は、五輪では20年7月14日~8月12日、パラリンピックでは8月18日~9月9日まで。




選手村は大会後には改修され、マンションとして分譲、賃貸される。50階建てのタワーマンションを2棟、商業施設を1棟増設するほか、水素ステーションも配備される予定だ。


近くには商業施設や学校も建設され「ハルミフラッグ」の名称で1万人以上が暮らす街となる。選手村の跡地では1964年東京大会の選手村は今の代々木公園になっている。


まとめ


まだ、東京オリンピック・パラリンピック2020が開催さえされていない状況で、終わった後の話がはじまっています。


この記事へのコメント