東京オリンピック2020競技、レスリングの注目選手

こんちにわ、愛Tです。







「東京オリンピック2020競技、レスリングの注目選手」のことを知りたい。







この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。








これを見れば、

「東京オリンピック2020競技、レスリングの注目選手」のことを知ることができます。







それではさっそくみていきましょう!




オリンピック競技


レスリング


レスリングは、毎回オリンピックで複数のメダルを獲得している日本のお家芸です。2020年の東京オリンピックでは何個金メダルを獲得してくれるのか、非常に楽しみですよね。


今回は、レスリングの代表候補となる選手たちを男女別でご紹介します。


東京オリンピック2020 レスリングの日本代表選手候補は誰?男子

男子はグレコローマンとフリースタイルの選手を分けてご紹介します。


<グレコローマン>


【太田 忍(おおた しのぶ)】

生年月日:1993年12月28日

出身地:青森県

身長:165cm

体重:65kg

所属:ALSOK


太田選手は59kg級の選手で、海外の選手から「忍者レスラー」と呼ばれるほどの素早い身のこなしが特徴です。

リオオリンピックのアジア予選でロンドンオリンピックの金メダリスト(55kg級)に勝利し、オリンピックへの切符をつかみました。リオオリンピックでは、見事銀メダルを獲得しています。




【文田 健一郎(ふみた けんいちろう)】

生年月日:1995年12月18日

出身地:山梨県

身長:167cm

所属:日本体育大学


太田選手と同じ59kg級の選手です。

2016年に出場した6つの大会すべてで優勝しています。なかでもピトラシンスキ国際大会での優勝や、全日本選手権で太田選手を破っての優勝は、素晴らしい活躍と言えるでしょう。


【高橋 昭五(たかはし しょうご)】

生年月日:1994年10月16日

出身地:兵庫県

身長:165cm

所属:日本体育大学


高橋選手は66kg級の選手です。

2016年の全日本選抜選手権、全日本選手権で優勝しています。また、オリンピック種目ではありませんが、71kg級でも活躍しており、2017年のデーブ・シュルツ国際大会では71kg級で優勝しています。


【屋比久 翔平(やびく しょうへい)】

生年月日:1995年1月4日

出身地:沖縄県

身長:173cm

所属:日本体育大学


屋比久選手は75kg級の選手です。

リオオリンピックのアジア予選、世界予選に出場しましたが、惜しくも出場を逃しました。2016年の全日本選手権で優勝し、オリンピック種目ではないもののデーブ・シュルツ国際大会の80kg級で3位に入るなどの活躍もあり、これからが期待されます。


<フリースタイル>


【樋口 黎(ひぐち れい)】

生年月日:1996年1月28日

出身地:大阪府

身長:163cm

体重:63kg

所属:日本体育大学


樋口選手は57kg級の選手で、リオオリンピックの銀メダリストです。

2016年にはオリンピック以外でもジオルコウスキ国際大会で優勝、オリンピック種目ではないもののマケドニア・パール国際大会の61kg級で優勝し、世界トップの実力であることを見せつけました。




【高谷 大地(たかたに だいち)】

生年月日:1994年11月22日

出身地:京都府

身長:169cm

所属:拓殖大学


高谷選手は65kg級の選手で、リオオリンピック74kg級の日本代表である高谷惣亮選手の実弟です。

2016年にドミトリー・コーキン国際大会で優勝しているほか、グレコローマン71kg級でも全日本学生選手権で3位、全日本大学選手権で2位に入る実力者で、可能性に満ちた選手だと言えるでしょう。


【山﨑 弥十朗(やまさき やじゅうろう)】

生年月日:1997年5月7日

出身地:埼玉県

身長:173cm

所属:早稲田大学


山﨑選手は74kg級の選手です。

2016年にはJOC杯ジュニア、全日本学生選手権で優勝、全日本学生選手権では2位に入りました。2017年のデーブ・シュルツ国際大会でも3位に入っており、国際試合でも勝てる実力をつけてきているのがわかります。


東京オリンピック2020 レスリングの日本代表選手候補は誰?女子

続いてフリースタイルの女子選手をご紹介します。(女子グレコローマンはオリンピック種目ではありません)


【登坂 絵莉(とうさか えり)】

生年月日:1993年8月30日

出身地:富山県

身長:152cm

体重:53kg

所属:東新住建株式会社




登坂選手はリオオリンピックの48kg級で金メダルを獲得した選手です。

まだ若い選手ですが、2013年~2015年の世界選手権で3連覇を達成しており、すでに何年も世界のトップにいます。さらなる活躍が期待される選手と言えるでしょう。


【須崎 優衣(すさき ゆい)】

生年月日:1999年6月30日

出身地:千葉県

身長:151cm

所属:JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高


須崎選手は登坂選手と同じ48kg級の選手です。

2016年の全日本選抜選手権、全日本選手権で優勝した注目の選手です。2017年のヤリギン国際大会で優勝し、国際大会でも十分に戦える実力の持ち主であることを証明しました。


【吉田 沙保里(よしだ さおり)】

生年月日:1982年10月5日

出身地:三重県

身長:157cm

体重:55kg

所属:株式会社YSW


吉田選手は53kg級の選手です。

オリンピック・世界選手権の2つを合わせて16連覇、個人戦は206連勝という記録を持ち、さらにはギネス記録も複数所持している、まさに「霊長類最強女子」です。

リオオリンピックでは銀メダルに終わり涙を流しましたが、2020年の東京オリンピックでは金メダルを手にしてほしいですね。


【向田 真優(むかいだ まゆ)】

生年月日:1997年6月22日

出身地:三重県

身長:156cm

所属:至学館大学


向田選手は、吉田選手と同じ53kg級の選手です。

2016年の全日本選抜選手権、全日本選手権で優勝し、2017年のヤリギン国際大会でも優勝を飾っています。吉田選手の次は、この選手が53kg級を引っ張っていくことになりそうですね。




【伊調 馨(いちょう かおり)】

生年月日:1984年6月13日

出身地:青森県

身長:166cm

体重:61kg

所属:ALSOK


伊調選手は個人戦で189連勝、25試合連続無失点という記録を持つ、58kg級最強の選手です。

伊調選手もリオオリンピックで金メダルを獲得し、オリンピック4連覇を達成しました。この4連覇は全種目通して史上6人目、女子個人では初となる偉業です。2020年の東京オリンピックでは5連覇を期待せずにはいられません。


【川井 梨紗子(かわい りさこ)】

生年月日:1994年11月21日

出身地:石川県

身長:160cm

体重:61kg

所属:至学館大学


川井選手はリオオリンピックの63kg級で金メダルを獲得した選手です。

本来は58kg級の選手ですが、伊調選手を避けるために階級を上げて、リオオリンピックに出場しました。2016年の全日本選手権では、58kg級で優勝しています。2020年の東京オリンピックへはどの階級での出場になるのか、というところにも注目です。


【土性 沙羅(どしょう さら)】

生年月日:1994年10月17日

出身地:三重県

身長:159cm

体重:69kg

所属:至学館大学


土性選手はリオオリンピックの69kg級で金メダルを獲得した選手です。

中学時代から非常に強く、出場した大きな大会ほぼすべてで表彰台にのぼり続けています。全日本選手権を6連覇中で、2016年の大会ではすべての試合で相手に1ポイントも与えずに勝利しました。


【渡利 璃穏(わたり りお)】

生年月日:1991年9月19日

出身地:島根県

身長:163cm

体重:69kg

所属:アイシン・エィ・ダブリュ株式会社


渡利選手は本来の63kg級から大幅に階級を上げ、リオオリンピックの75kg級に出場した選手です。

リオオリンピック終了後、ホジキンリンパ腫というがんの一種が見つかり、現在は治療に専念しているそうです。元気な体になって、もう一度オリンピックの舞台に戻ってきてほしいですね。





まとめ

海外選手との体格差があるからか、他の階級と比べると、男子重量級は日本人選手が活躍するのが難しくなっているようです。2016年の全日本選手権で優勝したグレコローマン130kg級の園田新選手や、フリースタイル125kg級の山本泰輝選手など、日本トップ選手たちには頑張ってほしいですね。

女子に関して言えば、オリンピックでの全階級制覇も夢ではありません。2020年の東京オリンピックで達成してくれることを期待しましょう!


以上、「東京オリンピック2020 レスリングの日本代表選手候補は誰?(男女別)」でした。

この記事へのコメント