東京オリンピック2020会場の横浜スタジアム

こんちにわ、愛Tです。




「東京オリンピック2020会場の横浜スタジアム」




この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。




これを見れば、東京オリンピック2020会場の横浜スタジアムを知ることができます。





それではさっそくみていきましょう!


横浜スタジアム


会場概要

横浜公園内にある日本初の多目的スタジアムです。日本のプロ野球チームの本拠地にもなっています。東京2020大会追加競技が行われます。神奈川県横浜市にあります。


収容人数

オリンピック 野球・ソフトボール:35,000


横浜スタジアム

この会場で実施される競技

オリンピック競技

野球・ソフトボール

アクセス

JR根岸線「関内駅」下車。南口より徒歩約2分

横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」下車。1番出入口より徒歩約3分

みなとみらい線「日本大通り駅」下車。2番出入口(横浜スタジアム口)より徒歩約3分


所在地

神奈川県横浜市中区横浜公園


1978年3月、老朽化した横浜公園平和野球場(よこはまこうえん・へいわやきゅうじょう、通称「平和球場」)の跡地に竣工。同年より、川崎球場(現:川崎富士見球技場)から移転した横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)の本拠地となったほか、神奈川大学野球連盟のリーグ戦や、全国高等学校野球選手権神奈川大会、横浜市長杯関東地区大学野球選手権大会(明治神宮野球大会出場決定戦)、社会人野球等、アマチュア野球の会場としても用いられる他に、アメリカンフットボールの会場としてもしばしば利用されている。高校野球夏の大会では、開会式のほか1回戦から使用され、準々決勝以降は保土ケ谷球場[注 2]にかわりメインスタジアムとなる。


施設は横浜市が所有し、市などの出資による第三セクター・株式会社横浜スタジアムが運営管理を行っている。どんぶりを傾けたような外観と、横浜のイニシャル“Y”を模した逆三角形の6基の照明塔が特徴である。2003年からロングパイル人工芝「フィールド・ターフ」を、日本の屋外球場では初めて[注 3]採用した。


1978年の落成時には日本のプロ野球本拠地球場の中で両翼までの距離が最も広い球場であったが、昭和時代の終わりから平成にかけて後楽園球場、大阪スタヂアム、藤井寺球場、平和台野球場などが次々と廃止閉場されたり、東京ドームや福岡ドームの建設、広島市民球場の移転建て替え(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)や明治神宮野球場および阪神甲子園球場の大改修などが行われた結果、現在では逆に距離が最も狭い球場となっている。


まとめ


東京オリンピック2020の決勝が行われる、横浜スタジアムですが、この決勝で、日本の金メダル獲得が見られるといいですね。

この記事へのコメント