東京オリンピック2020会場の夢の島公園アーチェリー場

こんちにわ、愛Tです。



「東京オリンピック2020会場の夢の島公園アーチェリー場」



この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。



これを見れば、東京オリンピック2020会場の夢の島公園アーチェリー場を知ることができます。



それではさっそくみていきましょう!



夢の島公園アーチェリー場


会場概要

夢の島公園内にアーチェリー会場を整備します。大会後は、アーチェリーを中心に、多様な活用の機会を提供する施設としていきます。


収容人数

オリンピック アーチェリー:5,600

パラリンピック アーチェリー:5,600


この会場で実施される競技

オリンピック競技

アーチェリー

パラリンピック競技

アーチェリー

アクセス

JR京葉線・東京メトロ有楽町線・東京臨海高速鉄道りんかい線「新木場駅」下車徒歩約7分

都営バス 木11甲「東陽町駅」から乗車、「夢の島」下車徒歩約5分

都営バス 錦18「錦糸町駅」から乗車、「夢の島」下車徒歩約5分(平日のみ)

(このバスは、「亀戸駅」「西大島駅」を経由します。)

都営バス 急行05「錦糸町駅」から乗車、「夢の島」下車徒歩約5分(土休日のみ)

(このバスは、「亀戸駅」「西大島駅」を経由します。)


所在地

東京都江東区夢の島二丁目1番4号


東京都は15日、2020年東京五輪・パラリンピックのアーチェリー会場となる夢の島公園アーチェリー場(江東区)を4月28日にオープンすると発表した。ボートなどの会場である海の森水上競技場は6月1日、カヌー・スラロームセンター(江戸川区)は7月6日から、それぞれ利用を始める。


アーチェリー場については3月15日から使用の受け付けを始めた。4月28日には完成式典の後、アーチェリーの競技団体による記念大会の開催を予定する。


都はオリパラ後、アーチェリーに関して主要国内大会を中心に年間20大会の誘致を目指す。芝生広場も併設し、都民の憩いの場としても活用する。


使用可能日:貸切日を除く奇数日 9:00~16:30

最寄駅:都営大江戸線 光が丘駅

利用料金:210円/1時間

駐車場:高額紙幣(一万円札、五千円札、二千円札)はご使用になれません

    普通車 1時間まで300円

    以後30分毎に100円


まとめ


オリンピックでもパラリンピックでも、この会場で行われるアーチェリー。4月28日の完成式典も楽しみですね。

この記事へのコメント