パラリンピック競技 陸上競技 トラック

こんちにわ、愛Tです。







「パラリンピック競技 陸上競技 トラック」のことを知りたい。









この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。









これを見れば、

「パラリンピック競技 陸上競技 トラック」のことを知ることができます。










それではさっそくみていきましょう!



パラリンピック競技


陸上競技

トラック


1秒でも早く。

義肢やコーラーとひとつになり、己の能力を引き出した選手たちが駆け抜ける。

競技概要

パラリンピックの陸上競技は、第1回ローマ1960大会から正式競技として実施されてい

る。幅広い障がいを対象とすることもあり、夏季大会の競技の中で参加人数は最も多い。

オリンピックとは異なる大きな特徴は、クラス分け()と呼ばれる制度で、対象とする障がいが視覚障がいや知的障がいから、麻痺や四肢の欠損など多岐にわたるため、極力条件を揃え、公平にレースが行われるようにしている。各選手を障がいの種類や程度、運動機能などに応じてクラス分けし、レースはクラスごと、あるいは隣り合うクラスを合わせた統合クラス(コンバインド)で行われる。

トラック競技としては短距離から中・長距離、リレー種目(4×100m、4×400m)などが実施されてきたが、実施種目やクラスは参加選手数などに応じて大会ごとに検討されるため、固定されていない。

競技ルールはオリンピックとほぼ同じだが、障がいの内容や種目の特性などに合わせ、一部のルールが変更されている。障がいを補いながら、選手はコンマ1秒を削るべく己の限界に挑む。


(クラス分け)


クラス 障がい種別

T/F11

T/F12

T/F13 視覚障がい   重い↑軽い

T/F20 知的障がい

T/F31

T/F32 

T/F33

T/F34 脳性まひ(車いす)   重い↑軽い

T/F35

T/F36

T/F37

T/F38 脳性まひ(立位)    重い↑軽い

T/F40

T/F41 低身長症   重い↑軽い

クラス 障がい種別

T/F42

T/F43

T/F44 下肢切断   重い↑軽い

T/F45

T/F46

T47  上肢切断   重い↑軽い

T/F51

T/F52

T/F53

T/F54

F55

F56

F57  脳性まひ以外の車いす

(頸髄損傷、脊髄損傷、切断、機能障がい)   重い↑軽い

ジャパンパラ競技大会におけるクラス分け表をもとに、国際大会基準で作成した表。


種目

100m T11  (男子/女子)

100m T12  (男子/女子)

100m T13  (男子/女子)

100m T33  (男子)

100m T34  (男子/女子)

100m T35  (男子/女子)

100m T36  (男子/女子)

100m T37  (男子/女子)

100m T38  (男子/女子)

100m T47  (男子/女子)

100m T51  (男子)

100m T52  (男子/女子)

100m T53  (男子/女子)

100m T54  (男子/女子)

100m T63  (男子/女子)

100m T64  (男子/女子)

200m T11 (女子)

200m T12 (女子)

200m T35 (男子/女子)

200m T36 (女子)

200m T37 (男子/女子)

200m T47 (女子)

200m T51 (男子)

200m T61 (男子)

200m T64 (男子/女子)

400m T11 (男子/女子)

400m T12 (男子/女子)

400m T13 (男子/女子)

400m T20 (男子/女子)

400m T36 (男子)

400m T37 (男子/女子)

400m T38 (男子/女子)

400m T47 (男子/女子)

400m T52 (男子)

400m T53 (男子/女子)

400m T54 (男子/女子)

400m T62 (男子)

800m T34 (男子/女子)

800m T53 (男子/女子)

800m T54 (男子/女子)

1500mT11 (男子/女子)

1500mT13 (男子/女子)

1500mT20 (男子/女子)

1500mT38 (男子)

1500mT46 (男子)

1500mT52 (男子)

1500mT54 (男子/女子)

5000mT11 (男子)

5000mT13 (男子)

5000mT54 (男子/女子)

4×100m メドレーリレー(混合)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!


100m走の金メダリストが30人!? クラスごとに繰り広げられる戦い

クラス分けは公正に競技を行うための工夫だが、各選手のクラスは専門の資格を持つ判定

員が医学的、運動機能的な側面から審査して決める。トラック競技のクラスはアルファベットのTと2桁の数字の組み合わせで表記される。数字は10の位が障がいの種類を、1の位は障がいの程度を表し、1の位の数字が小さいほど障がいの程度が重いことを意味する。

競技ルールはオリンピックと同じルールを基本に、障がいの内容や種目の特性に応じて一部のルールが変更されている。例えば、視覚障がいクラスではT11(全盲など)の選手全員とT12 (弱視)の一部の選手(伴走者と走るか単独走か選べる)は、目の代わりとなり、

視覚から得られる情報を補う伴走者(ガイドランナー)とロープを握り合うなどして並んで走る。ガイドランナーは選手の安全を第一に、コース状況やタイム、周囲の情報などを言葉で伝え、フィニッシュラインへと導く。ただし、選手を先導したり、フィニッシュラインを選手より先に越したりすると失格となる。

肢体不自由のクラスで、四肢に欠損がある選手は左右バランスを取ることを目的に、競技用の義肢を使用できる。特に義足は近年、素材や形状などの研究・開発が進んでおり、ルールの範囲内で選手は自身の障がいに合わせて調整も可能だ。だが、義足は想像以上に固く、義足の反発力を競技力に活かすためには、選手自身に義足を十分にたわませ反発力を受けとめるだけの筋力や技量が必要だ。同じモデルの義足を使っていても、記録に差が見られるのはこうした点にも要因がある。


車いすクラスは、レーサーと呼ばれる高速歩行用に開発された競技用車いすを使用する。少なくとも3つの車輪があるが、風よけやギアなどは装着できず、選手は腕力など上半身の力だけで操作する。ルールの範囲内で自身の障がいや体格に合わせて各パーツをカスタマイズできる。軽量性などレーサーの性能は年々向上しているが、座席の高さや車輪を漕ぐための部品のサイズなどを自分仕様にするプロセスが欠かせない。自身の力を最も効率よく車輪に伝えられるよう、様々なパーツをミリ単位で微調整し、トライアンドエラーを繰り返しながら最適なポジションやセッティングを探ることも記録向上には欠かせない地道なプロセスだ。

オリンピックに比べると実施される種目は少ないが、クラス別に競技するため1種目の決

勝レースの数が多いのが特徴だ。その代表種目が100m走で、リオ2016大会では男子16

クラス、女子14クラスの決勝レースがそれぞれ行われ、全部で30人の100m金メダリス

トが誕生した。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

年々上がる競技力 人間の可能性はどれほどあるのか?

トラック競技の写真3

パラリンピックの規模が拡大するにつれ、陸上競技の参加国や選手も増え、それに伴い競技

レベルや記録も急速に向上している。リオ2016大会では陸上競技だけで約70の世界新記

録が誕生した。

トラック競技では、近年は中国が圧倒的な強さを誇り、リオ2016大会のメダルランキングではアメリカ、イギリスが続いた。他には、特に短距離走で強さを見せたブラジルや、車いすクラスに注力して強化を進めるタイ、中長距離走でのケニアなどの活躍も目立った。

1人で複数の競技に挑む選手も少なくない。例えば、女子T54のタチアナ・マクファーデン(アメリカ)は、リオ2016大会では車いすのトラック5種目(100m、400m、800m、1500m、500m)とマラソンで金4個、銀2個を獲得。男子T54のマルセル・フグ(スイス)も800mとマラソンで2冠に輝いている。

車いすクラスでは競技用車いす(レーサー)の性能も向上しているが、最高性能の車いすを、どれだけ自分にフィットさせ駆使できるかが、車いす種目の記録更新には欠かせない。

視覚障がいクラスのトラック種目では、T11の選手全員とT12の一部の選手は伴走者(ガイドランナー)と並んで走るため、1選手につき2レーンが与えられる。そのため、決勝には予選レースを通過した4選手しか出場できず、4人で3つのメダルを競う。ガイドランナーの力量も問われる種目であり、短距離種目では選手とともに磨き上げ、スタートからフィニッシュまでピタリと同調した走りも見どころだ。

知的障がいクラスは障がいの程度によるクラス分けはなくT20のみだが、選手により障がいの特性が異なるのが特徴だ。オリンピックとほぼ同じルールで行われ、単独で競技を行う。

ペース配分や他選手との駆け引きなどは練習を繰り返して身につけ、レースで発揮することが重要だ。近年、記録の伸びが顕著なクラスの一つでもある。

走ることはスポーツの基本でもあり、どのクラスも新しい選手の参加が増えている。2020年に向けて新星が現れる可能性が高い。


<日本>

トラック種目では、日本はこれまで、高田稔浩(T52)や伊藤智也(T52)、土田和歌子(T54)などが車いすクラスで多くの金メダルを獲得している。視覚障がいクラスは、ロンドン2012大会のT11男子5000mで和田伸也が獲得した銅メダルが現在では唯一のメダルだ。切断・機能障がいクラスではリオ2016大会の4×100mリレー(男子)およびT47 女子400mで辻紗絵がともに銅メダルを獲得している。どのクラスも新たに若手選手の台頭がみられ、東京2020大会での活躍が期待されている。


まとめ


陸上競技の花形、トラック競技。選手たちのうつくしい姿が見られるといいですね。

この記事へのコメント