東京オリンピック2020パラリンピック競技スケジュール

こんちにわ、愛Tです。










「東京オリンピック2020パラリンピック競技スケジュール」のことを知りたい。











この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。









これを見れば、


「東京オリンピック2020パラリンピック競技スケジュール」のことを知ることができます。








それではさっそくみていきましょう!


パラリンピック競技スケジュール


東京2020パラリンピック競技大会は、22競技540種目が21会場で実施され、史上最多4,400人の選手による白熱した戦いが、2020年8月25日の開会式翌日から9月6日の閉幕まで、12日間にわたり繰り広げられます。本ページでは、パラリンピック競技の日程と、チケット単位の開始時間および終了時間をご案内します。なお、今後の調整により、一部を変更する場合があります。


2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、来年8月25日に開幕するパラリンピックの競技スケジュールを発表した。


開会式は25日午後8時からで、競技は翌26日から。9月6日まで12日間で22競技540種目が行われる。


最初のメダルイベントは自転車競技(トラック)女子3000メートルパシュート決勝。8月30日は「ゴールデンサンデー」として陸上競技、トライアスロン、ボート、水泳、柔道など全日程を通じて最多の決勝63種目が行われる。


終盤には東京大会から新たに採用されたバドミントン、テコンドーが登場。最後のメダルイベントは車いすバスケットボール男子決勝になる予定。


暑さへの配慮から、マラソンは当初の午前7時開始を6時30分に、トライアスロンも同8時から7時30分に前倒し。馬術は競技日数を4日間から5日間にすることで、ピーク時の暑さを避けた。

まとめ

東京パラリンピックの日程が発表されました。白熱した熱戦たちが見られるといいですね。

この記事へのコメント