東京オリンピック2020の暑さ対策 競技会場に飲料水持ち込み可へ

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020の暑さ対策 競技会場に飲料水持ち込み可へ」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020の暑さ対策 競技会場に飲料水持ち込み可へ」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう!  東京オリンピックの暑さ対策の1つとして、大会組織委員会は競技会場へのペットボトルや水筒の持ち込みを1人1本まで持ち込めるように、最終調整していることがわかりました。  オリンピックの競技会場では、テロ対策として飲料水の持ち込みは禁止されています。しかし、深刻化する暑さを考慮して1人1本に限りペットボトルや水筒の持ち込みを認める方向で最終調整をしていることが、大会組織委員会への取材でわかりました。  また、東京都も暑さ対策として競技会場の外で、IOC(国際オリンピック委員会)とスポンサー契約を結んでいるコカ・コーラ社のミネラルウォーターを無料で配ることを検討しています。 まとめ 東京の熱帯のような暑さの中でのオリンピック開催。選手だけでなく、観客も暑さ対策がもっと必要ですね。

続きを読む

東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題06

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題06」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題06」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長が強行決定を下した東京五輪マラソン・競歩の札幌移転について「大半の選手が賛成している」と発言したことをAP通信などが報じたことを受け、移転のきっかけとなった酷暑のドーハ世界選手権男子50キロ競歩銅メダリストのエヴァン・ダンフィー(カナダ)が自身のツイッターを更新した。「これらの大半の選手はどこにいる?なぜ彼らは声を出さないのか?」と怒りを綴った。  AP通信などによると、バッハ会長は札幌移転に批判的な選手について「1つ2つ反対はあったようだが、札幌に移すことに不満を抱いているアスリートは、彼らがより上手く熱に対応できるからだ」と一蹴。「すべてのアスリートの健康を守る責任がIOCにはある」と理解を求めた。  ただ、決定直後から「IOCの偽善」と批判してきたダンフィーは「そうです。準備にお金と時間を費やしてきた。この決定の正しさを証明するものを提供せずに、はしごを外されるのはイライラする」と、激怒。「IOCはアスリ…

続きを読む

東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題05

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題05」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題05」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 東京オリンピックのマラソンと競歩の札幌開催に向け、大会組織委員会と地元の実務者による2回目の会議が行われ、マラソンと競歩のコースは大通公園を発着点にすることを了承しました。コースや日程については、引き続き協議を進めるとしています。 東京オリンピックのマラソンと競歩の札幌開催に向けた2回目の実務者会議は18日、大会組織委員会、札幌市、道と警察の担当者が出席して札幌市で行われました。 この中で、組織委員会はマラソンと競歩の発着点を札幌市中心部の大通公園とすることを了承しました。 マラソンと競歩を同じ発着点とすることで設備や態勢を共有できるうえ、平たんで広い公園では会場の設営がしやすいこと、大通公園を発着点とする北海道マラソンのコースを活用しやすいというメリットがあるということです。 またコースについては、マラソンは札幌市中心部のおよそ20キロを2周する案が、競歩は札幌駅から大通公園へ続く札幌駅前通を周回する案がそれぞれ示され、引き続き協議を進めることになりました。 …

続きを読む