東京オリンピック2020 ロシアのドーピング問題02

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020 ロシアのドーピング問題02」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020 ロシアのドーピング問題02」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! ロシアのスポーツ省が、組織的なドーピング問題で選手の検体データを改ざんしていた疑いがあることに関連し、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、来年の東京大会へのロシアの参加は決まっておらず、関係機関の審議を注視する考えを示しました。 ロシアの組織的なドーピング問題をめぐっては、ロシア・スポーツ省が、世界アンチドーピング機構に提出した選手の検体データに、改ざんされたものが含まれている疑いがあり、来年の東京大会に、ロシアが国として参加できなくなる可能性が指摘されています。 これについて、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、閣議のあとの記者会見で「データに不整合な点があったという問題は承知しているが、来年の東京大会にロシアが参加するかどうかは正式に決定しておらず、世界アンチドーピング機構の審議を注視していきたい」と述べました。 そのうえで「東京オリンピック・パラリンピックは、クリーンな大会にしなければならないというのが基本だ。公平・公正に選手が全力を尽くしていける環境をつくっていくことがいちばん大切だ」と述べ、東…

続きを読む

東京オリンピック2020 聖火リレー 日本人最初は野口みずきさん

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020 聖火リレー 日本人最初は野口みずきさん」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020 聖火リレー 日本人最初は野口みずきさん」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 来年3月、ギリシャ国内で行われる東京オリンピックの聖火リレーの日本人最初のランナーをアテネオリンピック女子マラソン金メダリストの野口みずきさんが務めることになりました。 東京オリンピックの聖火リレーは、来年3月12日にオリンピック発祥の地、ギリシャのオリンピアで採火式が行われたあと、3月19日までギリシャ国内で行われます。 大会組織委員会が11日概要を発表し、採火式の直後、リレー全体では第2走者となる日本人最初のランナーをギリシャで行われた2004年アテネオリンピックの女子マラソン金メダリストの野口みずきさんが務めることになりました。 野口さんは「自分にとって終わったと思っていた物語に、まだ続きがあるような思いで感激で胸がいっぱいだ。当時は気温35度のもとで命懸けで走った思い出がある。その思い出の地でつまずかずに走れるよう練習し大役を務めたい」と話していました。 ギリシャ国内の聖火リレーでは、日本に聖火を特別輸送機で運ぶことが決まっている柔道の野村忠宏さんと、レスリングの吉田沙保里…

続きを読む

東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題03

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題03」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題03」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 東京オリンピックのマラソンと競歩の会場の札幌移転を受けて、大会組織委員会の森会長が札幌を訪れ、伝統的に最終日に行われている男子マラソンは、ドーピング検査と選手の移動の関係から「閉会式の日に行うことは無理だ」と述べ、前倒しとなる見通しを示しました。 組織委員会の森会長は7日、東京オリンピックのマラソンと競歩の会場に決まった札幌市を訪れ、秋元市長に「大変ご迷惑なことをお願いしたと思っている。オールジャパンでやっていきたいのでご協力をお願いしたい」と述べ、秋元市長は「市民生活への影響を少なくしていただくよう配慮いただきたい」と要望しました。 森会長は、これに先立って訪れた北海道庁で北海道の鈴木知事から札幌移転に関わる費用負担について、「不安の1つに経費がある。ボタンの掛け違いがないように」と確認を求められたのに対し、「IOCも『十分心得る』ということで話を進めている。北海道に迷惑をかけないようにしたい」と応じました。 森会長はこの会談の中で、最終日に計画…

続きを読む