東京オリンピック2020 ロシアのドーピング問題

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020 ロシアのドーピング問題」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020 ロシアのドーピング問題」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! ロシアスポーツ界の組織的なドーピング問題をめぐり、RUSADA=ロシアアンチドーピング機構の会長がNHKの単独インタビューに応じ、ロシア側が資格回復に向けて提出した選手のデータについて「改ざんがあった」としたうえで、このままでは来年の東京オリンピックとパラリンピックにロシアが国として参加できない可能性が高いという見方を示しました。 RUSADAのユーリ・ガヌス会長は4日、WADA=世界アンチドーピング機構の会議が開かれているポーランドでNHKのインタビューに応じました。 RUSADAは、2014年にロシアの組織的なドーピング問題が明るみに出たあとWADAから「不適格な組織」と宣言され、事実上、活動停止となっていましたが、去年9月、条件付きで検査活動の再開が認められました。 しかし、RUSADAの立て直しのため、おととし就任したガヌス会長は、再開の条件としてロシアスポーツ省が提出した選手の検体のデータについて、WADAなどから得た情報として「数千か所に上る、大量の改ざんがあった」と述べました。…

続きを読む

東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題02

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題02」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題02」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 東京オリンピックのマラソンと競歩の会場が札幌に移ることが決まったことを受けて、日本陸上競技連盟の選手強化の責任者が記者会見し、瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは決定を批判したうえで、これまでの暑さ対策をもとに強化戦略を進める考えを示しました。 東京オリンピックのマラソンと競歩の会場は今月1日に開かれたIOC=国際オリンピック委員会と東京都、大会組織委員会、そして国による4者会議で札幌に移すことが決まりました。 これを受けて日本陸連は5日夕方、マラソンと競歩の選手強化の責任者が出席して記者会見を開きました。 この中で麻場一徳強化委員長は「4年も5年も前から選手やコーチ、スタッフは準備してきた。ここで覆ることは極めて遺憾だ」と話すなど、すべての出席者が今回の決定を批判しました。 瀬古リーダーは代表に内定している服部勇馬選手から「瀬古さんが経験したモスクワオリンピックのボイコットとは違って僕らは札幌で走れるので幸せです」と言われ涙を…

続きを読む

東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定後の諸問題」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、五輪チケットの2次抽選販売の概要を8日に公表すると発表した。組織委などは、札幌に変更した男女マラソンについて、有料観客席を設けず、沿道のみの無料観戦とする案を本格検討。8日には、東京でのレースを前提に売り出されたチケットの払い戻しについて何らかの方針が示されるか注目されている。騒動の中で、購入者の不満が高まっており、補償問題に発展する可能性も出てきた。  五輪チケットをめぐっては、2次販売の概要が10月10日に公表される予定だったが、2日前に突如延期された。マラソンなどの開催地変更が影響を与えたとみられ、今月8日の発表でもマラソン関連の詳細部分は先送りされることが濃厚だ。今回の変更問題はチケット販売全体の戦略に大きな影を落としている。  新たな札幌でのレースでは、組織委などが大通公園を発着点にして、観客席を設けない案を本格検討。大通公園周辺で仮設観客席の設置スペースの確保が困難であることや、設備面で費用がかさむことが理由だ。そ…

続きを読む