東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピックIOC調整委員会 マラソン・競歩の開催地 決定」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 2020年東京五輪のマラソン・競歩の開催地について、国際オリンピック委員会(IOC)と国、都、大会組織委員会の4者のトップ会談が1日正午から始まった。小池百合子・都知事は「開催地の決定権限はIOCにある。都として札幌開催には同意できないが、IOCの決定は妨げない。あえて申し上げるなら合意なき決定」と述べた。札幌開催が正式に決まった。  小池氏は協議の中で、札幌移転した場合、都には費用を負担させない▽これまでマラソン・競歩にかかった関連経費の一部の補償の可能性▽その他の競技は会場変更しないこと、を共有して一致したと説明。「まだ納得いかない部分はあるが、大会の成功のため、前に進みたい」と述べた。  このほか、IOCのトーマス・バッハ会長から1日朝、五輪後、東京のコースを活用した別のマラソン大会の開催を提案されたことも明かした。  マラソン・競歩の開催地をめぐっては、IOCが10月16日、ドーハで行われた陸上の世界選手権で棄権する選手が相次いだことを受け、会場を東京から札幌に移す計画を発表。30日から始まったIOCの…

続きを読む

東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式概要、聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"のデザインを発表!

こんちにわ、愛Tです。 「東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式概要、聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"のデザインを発表!」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式概要、聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"のデザインを発表!」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式概要、聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"のデザインを発表! 2019年10月25日東京2020大会 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日10月25日(金)、東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式概要および聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"のデザインを、以下のとおり発表しました。 聖火到着式概要 概要 2020年3月12日(木)ギリシャの古代オリンピア市で採火される聖火は、ギリシャ国内の聖火リレーの後、2020年3月19日(木)ギリシャ アテネのパナシナイコスタジアムにて引継式を実施したのち聖火特別輸送機"TOKYO 2020 号"にて2020年3月20日(金)に宮城県にある航空自衛隊松島基地に到着しま…

続きを読む

東京オリンピックIOC調整委員会10/30~11/1 02

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピックIOC調整委員会10/30~11/1 02」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピックIOC調整委員会10/30~11/1 02」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! IOC=国際オリンピック委員会が提案している東京オリンピックのマラソンと競歩の会場を札幌に移す案は、31日IOCの調整委員会で、実務者による具体的な協議を行ったうえで、最終日の1日トップ級による4者協議を開き、結論を目指すことになりました。 東京オリンピックの猛暑対策としてIOCが提案したマラソンと競歩の会場を札幌に移す案は、都内で行われている調整委員会で議論が始まり、初日の30日はIOCのコーツ調整委員長が札幌での実施は決定事項だと強調したのに対し、東京都の小池知事は納得した説明を聞いていないとして改めて東京での実施を主張し意見が対立しました。 関係者によりますと、東京都は30日、マラソンの開始時間の前倒しや競歩のコースに日陰を作るなど東京で開催できる可能性を提示し、IOCにこれまでの経緯や暑さに関する判断の科学的根拠の説明を求めたほか、札幌に移す場合でも費用を負担しない考えなど7つの項目をあげたということです。 これらについて、31日実務者…

続きを読む