東京オリンピック2020競技の卓球

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技の卓球」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技の卓球のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 卓球 卓球の歴史は東京で変わるか。絶対王者中国に迫る各国の成長に注目。 競技紹介アニメーション「One Minute, One Sport」 卓球のルールや見どころを1分間の手書きアニメーション動画でご紹介します。卓球に詳しい人も、そうでない人も、まずは動画をチェック! 競技概要 卓球の起源は19世紀終わりのイギリス。当時上流階級の間ではテニスが流行していたが、雨天時に食堂のテーブルをコートに見立ててテニスの真似ごとをしたのが始まりといわれ、そのまま「テーブルテニス」の呼び名がついた。当初の用具は、ラケットに葉巻入れのふた、ボールにはシャンパンのコルクを丸めたものという実に上流階級らしいものであった。現在は、木製の版に特殊ゴム(ラバー)が貼られたラケット、プラスチック製のボールが使われている。 国際卓球連盟は1926年設立され、2017年時点で約226という国際スポーツ統括組織としては有数の加盟国数を誇っている。 男子・女子ともに正式競技としてオリンピックに登場したのはソウル1988大会。当初は男女それぞれシン…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のサーフィン

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のサーフィン」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のサーフィンのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! サーフィン 日本に集いし世界のトップサーファーたち。波の上を疾走し、ダイナミックに踊る。 競技概要 サーフボードという板を使って波に乗り、テクニックを競う。東京2020大会で新たに採用される競技。古代ポリネシア人によって始められ、ハワイで育った海のスポーツだ。これを広めたのはストックホルム1912大会とアントワープ1920大会の水泳で金メダルを獲得した、ハワイ出身のデューク・カハナモク(アメリカ)。カハナモクは近代サーフィンの父と呼ばれている。 サーフィンはサーフボードのサイズによって大きく2つに分けられる。古くから親しまれたのは、長さ9フィート(約274センチメートル)以上のロングボードで、ボード上を歩くテクニックが中心となる。一方、1970年前後に登場したショートボードは、長さ6フィート(約183センチメートル)前後でボードの先端がとがっている。こちらは細かいターンがしやすいタイプだ。ショートボードは、それまで平面的な動きだったサーフィンに縦の動きを与え、三次元のダイナミックな技を可能にした。東京2020…

続きを読む

東京オリンピック2020競技のスポーツクライミング

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技のスポーツクライミング」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京オリンピック2020競技のスポーツクライミングのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! スポーツクライミング 高くそり立つ壁に、自身の体ひとつで挑む選手達。指先に込めた力で、限界を超えていけ。 競技概要 小さい頃、野山の崖を競争しながらかけ登った経験がある方は多いのではないだろうか。スポーツクライミングは、その競技性を極限まで高めたスポーツで、選手は垂直にそり立つ壁をカラフルなホールドを使って道具を持たずに自身の体一つで登る。 東京2020大会で実施される種目は、同じ条件で設置された高さ15メートルの壁を2人の選手が同時に登り速さを競う「スピード」、高さ4メートルの壁を制限時間内にいくつ登れるかを競う「ボルダリング」、制限時間内に高さ15メートル以上の壁のどの地点まで登れるかを競う「リード」の3つ。オリンピックでは、各選手がこの3種目を行い、その合計点で順位が決まる。どの選手も得手不得手があるため、2種目終了時点では最終順位の予測ができない。 種目によって安全確保のためのロープなどの器具は装着するが、登るためには道具の使用は許されず、素手とクライミングシューズのみで壁に挑む。身体能力とテク…

続きを読む