パラリンピック競技 ボッチャ

こんちにわ、愛Tです。 「パラリンピック競技 ボッチャ」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「パラリンピック競技 ボッチャ」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! パラリンピック競技 ボッチャ 6球を投げ合い、無数の戦略を駆使する頭脳戦。 競技概要 イタリア語で「ボール」を意味するボッチャは、脳原性疾患による四肢麻痺など、比較的重い障がいのある人の ために考案されたパラリンピック特有の競技。最初にジャックボールと呼ばれる白いボールを投げ、続いて赤と青の各6個のボールを投げたり、転がしたりして、目標となるジャックボールにいかに多くのボールを近づけるかを競う。 ルールの類似性から、「地上のカーリング」とも呼ばれるが、的となるジャックボールの位置が毎回変わり、また途中で弾いたりして動かすこともできる点が特徴だ。将棋やオセロのように戦略性も高く、一発逆転もあり最後まで目が離せない。 【クラス分けと競技種目】 男女の区別はなく、障がいの内容や程度などにより4クラス(BC1~4)に分けられ、1対1の個人戦、2対2のペア戦、3対3の団体戦の3種類がある。さまざまな障がいの選手に対応するため、クラスによって ルール がアレンジされている。例えば、ボールを手で投げることが難しい選手は足で蹴ったり…

続きを読む

パラリンピック競技 陸上競技 マラソン

こんちにわ、愛Tです。 「パラリンピック競技 陸上競技 マラソン」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「パラリンピック競技 陸上競技 マラソン」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 陸上競技 マラソン レーサーやガイドと力を合わせ、限界まで走りきる。 競技概要 パラリンピック陸上競技の大きな特徴は、傷がいの内容や程度、運動機能などによって選手がクラス分け()されていることだ。障がいは選手により異なるので、公正に競技ができるように極力条件を揃えるため、レースはクラスごと、あるいは隣り合うクラスを合わせた総合クラス(コンバインド)で実施される。ロード競技であるマラソンの傷がいクラスの表示はアルファベットのTと障がいの種類と程度を表す2桁の数字(T11など)で表される。 マラソンは1984年のストーク・マンデビル&ニューヨーク大会からおこなわれている。ただし、実施されるクラスは参加者数などを考慮しながら、大会ごとに検討されている。例えば、リオ2016大会では、男女視覚障がい(T12)、男子上肢障がい(T46)、男女車いす(T53/54)が実施された。 パラリンピックのマラソンのルールはオリンピックとほぼ同じだが、視覚障がいクラスは選手の必要に応じて伴走者(ガイドランナー)と走ったり、車いすクラスの選手は競…

続きを読む

パラリンピック競技 陸上競技 フィールド

こんちにわ、愛Tです。 「パラリンピック競技 陸上競技 フィールド」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「パラリンピック競技 陸上競技 フィールド」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 陸上競技 フィールド より高く。より速く。 築き上げた独自のスタイルで、それぞれのベストを目指す。 競技概要 パラリンピック陸上競技の大きな特徴は、クラス分け()という制度があることだ。障がいは選手により異なるため、極力条件を揃えて公平に競えるようにするため、それぞれの障がいの種類や程度、運動機能などにより選手をクラスに分け、クラスごと、あるいは近いクラスを合わせた統合クラス(コンバインド)で競技を行う。    フィールドで行われるのは跳躍と投てき。跳躍競技には走高跳、走幅跳、三段跳があり、投てき競技には砲丸投、やり投、円盤投に加え、パラリンピック独自の種目、こん棒投がある。ただし、実施される種目やクラスは大会ごとに検討され、決められる。 ルールはオリンピックの陸上競技とほぼ同じだが、障がいクラスに応じて一部のルールが変更されている。障がいを補いながら、1センチメートルでも高く、遠くへと、自己の限界に挑む。 (クラス分け) クラス 障がい種別 T/F11 T/F12 T/F13 視覚障がい    重い↑軽い T/F2…

続きを読む