パラリンピック競技 カヌー

こんちにわ、愛Tです。 「パラリンピック競技 カヌー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「パラリンピック競技 カヌー」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! パラリンピック競技 カヌー 鍛え抜かれた上半身がカヌーと一体化、爽快に風を切って水面を進む。 驚異のスピードの中にパドリングのテクニックが光る。 東京2020パラリンピック 22競技紹介動画 東京2020パラリンピックで実施されるカヌーを動画で紹介!競技の見どころや、競技特有のルール・クラス分けなどがわかる動画です。観戦計画を立てる時の参考に、観戦前の予習に、ぜひご覧ください。 家族や友人と一緒に、会場で選手を応援しよう! 競技紹介動画 競技概要 リオデジャネイロ2016大会からパラリンピックの正式競技となったカヌー。ボートとは異なり、選手は進行方向に向かって座る。1艇に1人が乗り、8艇が一斉にスタート。パドル(櫂)を使って漕ぎ進み、タイムを競う。パラリンピック競技となっているのは障害物のない直線コースで着順を競う個人200メートルスプリントで、リオデジャネイロ2016大会ではカヤック種目が行われた。東京2020大会では、これにヴァー種目(VL)が加わる。カヤック(KL)と(VL)ヴァーは、艇とパドル(櫂)の形状が異なり、漕法も異なっ…

続きを読む

パラリンピック競技 バドミントン

こんちにわ、愛Tです。 「パラリンピック競技 バドミントン」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「パラリンピック競技 バドミントン」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! パラリンピック競技 バドミントン 強烈なショットの応酬と、相手の裏をつくテクニック。スピディーな試合展開にコートは熱くなる。 競技概要 バドミントンは東京2020大会からパラリンピックの正式競技となる。身体障がいを対象とするが、さまざまな障がいの選手ができるだけ公平に競えるよう、障がいの内容や程度で6つのクラス(車いす2クラス、立位クラス4クラス)に分かれて競う。 ルール―はオリンピックのバトミントンとほぼ同じだが、クラスによって一部アレンジされている。例えば、シングルスのコートの大きさは車いす2クラスと立位1クラスのみ通常のコートの半分を使う。ネットの高さは全クラス共通だ。また、車いすクラスに限り、ネット周辺の一定範囲に落ちたシャトルはアウトとなるなど、クラスに応じて工夫されている。 全種目とも21点3ゲーム制で、2ゲーム先取のラリーポイント方式で行われる。 スピードやパワーが魅力の立位クラス、テクニックや駆け引きが重要な車いすクラスなど見どころもさまざまだ。種目は男女シングルスとダブルス、混合ダブルスが実施される。 種目 シン…

続きを読む

パラリンピック競技 ボッチャ

こんちにわ、愛Tです。 「パラリンピック競技 ボッチャ」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「パラリンピック競技 ボッチャ」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! パラリンピック競技 ボッチャ 6球を投げ合い、無数の戦略を駆使する頭脳戦。 競技概要 イタリア語で「ボール」を意味するボッチャは、脳原性疾患による四肢麻痺など、比較的重い障がいのある人の ために考案されたパラリンピック特有の競技。最初にジャックボールと呼ばれる白いボールを投げ、続いて赤と青の各6個のボールを投げたり、転がしたりして、目標となるジャックボールにいかに多くのボールを近づけるかを競う。 ルールの類似性から、「地上のカーリング」とも呼ばれるが、的となるジャックボールの位置が毎回変わり、また途中で弾いたりして動かすこともできる点が特徴だ。将棋やオセロのように戦略性も高く、一発逆転もあり最後まで目が離せない。 【クラス分けと競技種目】 男女の区別はなく、障がいの内容や程度などにより4クラス(BC1~4)に分けられ、1対1の個人戦、2対2のペア戦、3対3の団体戦の3種類がある。さまざまな障がいの選手に対応するため、クラスによって ルール がアレンジされている。例えば、ボールを手で投げることが難しい選手は足で蹴ったり…

続きを読む