パラリンピック競技 競技 アーチェリー

こんちにわ、愛Tです。 「東京パラリンピック2020競技のアーチェリー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京パラリンピック2020競技のアーチェリーのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! パラリンピック競技 アーチェリー 足や口を巧みに使った多彩な競技。狙うはど真ん中。 競技概要 50メートル、または70メートル先にある的を狙い得点を競う、肢体不自由の選手を対象としたアーチェリー競技。オリンピックとほぼ同じルールで行われるが、障がいの内容や程度に応じてルールや用具の一部変更が認められている。 障がい者を対象としたアーチェリーが行われるようになったのは1940年代からで、1948年にイギリスの傷病兵のリハビリを行うストーク・マンデビル病院で車いすのアーチェリー大会が開催されている。この大会はのちに「パラリンピックの原点」と言われるようになった。パラリンピックとしてのアーチェリーは、第1回ローマ1960大会で正式競技として採用され、以来、継続して実施されている。 かつては、選手は障がいの程度によって、W1(四肢に障がいがあり、車いすを使用)、W2(下半身の障がいにより車いすを使用)、ST(立つか、いすに座って競技)の3クラスに分類されていた。現在のパラリンピックでは、W2とSTはオ…

続きを読む