東京オリンピック2020競技、レスリングの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、レスリングの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020競技、レスリングの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 レスリング レスリングは、毎回オリンピックで複数のメダルを獲得している日本のお家芸です。2020年の東京オリンピックでは何個金メダルを獲得してくれるのか、非常に楽しみですよね。 今回は、レスリングの代表候補となる選手たちを男女別でご紹介します。 東京オリンピック2020 レスリングの日本代表選手候補は誰?男子 男子はグレコローマンとフリースタイルの選手を分けてご紹介します。 <グレコローマン> 【太田 忍(おおた しのぶ)】 生年月日:1993年12月28日 出身地:青森県 身長:165cm 体重:65kg 所属:ALSOK 太田選手は59kg級の選手で、海外の選手から「忍者レスラー」と呼ばれるほどの素早い身のこなしが特徴です。 リオオリンピックのアジア予選でロンドンオリンピックの金メダリスト(55kg級)に勝利し、オリンピックへの切符をつかみました。リオオリンピックでは、見事銀メダルを獲得しています。 【…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、ウエイトリフティングの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、ウエイトリフティングの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020競技、ウエイトリフティングの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 ウエイトリフティング 東京五輪ウエイトリフティングの注目選手は? それでは東京五輪ウエイトリフティングで、注目されている選手をご紹介します。 男子からご紹介します。 糸数 陽一 糸数 陽一(いとかず よういち)選手は、1991年(平成3年)5月24日生まれで28歳です。 沖縄県の出身で身長は158㎝、体重は63kgで小柄で日本大学卒で、警視庁で勤務しています。 ここまでの主な成績は、日本選手権で4回の優勝をしています。(そのうちの3回は連続優勝です) 2015年の世界選手権大会では9位に入っています。 2016年のアジア選手権大会では、見事に優勝を成し遂げています。 東京五輪に向けて注目の選手です。 平井 隼人 平井 隼人(ひらい はやと)選手について調べてみましたが詳細については不明です。 探したところ、動画はありましたので、ここで平井 隼人選手の全日本選手権での動画をご覧く…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、バレーボールの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、バレーボールの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、バレーボールの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 バレーボール 54年ぶりに日本で開かれる夏季オリンピック「東京オリンピック2020」。 近年、体格が大きい外国勢が強くなり、厳しい戦いを強いられているバレーボールですが、かつてはお家芸と言われ、男女ともにメダル獲得が当たり前の種目でした。強い全日本復活の期待を担って、東京オリンピック2020の代表選手として期待される選手をご紹介しましょう。  男子バレーボールの日本代表選手候補は誰?東京オリンピック2020 【石川祐希(いしかわゆうき)】 生年月日:1995年12月11日 出身地:愛知県 出身校:星城高等学校・中央大学 所属:イタリアセリエAに留学中 身長:191cm 体重:84kg まず筆頭に挙げられるのはNEXT4の1人で、10年に1人の逸材と言われる石川祐希選手です。 ジャンプ力と柔軟性を持ち合わせ、Vリーグの選手全員と比較してもNo.1の選手ではないかと口にする監督もいます。打点の高さ、コースを打ち分けるテクニック、攻守どちらもこなすオールラウンドプレーヤー…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、トライアスロンの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、トライアスロンの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020競技、トライアスロンの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 トライアスロン トライアスロンは1970年代にアメリカで誕生した比較的新しいスポーツです。 オリンピックでは2000年のシドニーオリンピックから正式種目となり、日本も男女3名ずつ合計6名の選手が出場しました。以降、2016年のリオオリンピックまで毎回出場しています。 今回は、2020年の東京オリンピックのトライアスロン競技の日本代表選手候補を男女別でご紹介します。 東京オリンピック2020 トライアスロンの日本代表選手 候補は誰?男子 【古谷 純平(ふるや じゅんぺい)】 生年月日:1991年5月18日 身長:173cm 出身地:大阪府 所属:三井住友海上火災保険(株) 2016 NTTトライアスロン・ジャパンランキング 1位 2016 ITU 世界トライアスロンシリーズランキング 77位 小学校6年生までは水泳、中学からは陸上に転向し中長距離を得意としていました。高校2年生の冬からトライアスロンを始めました。 競技歴7年の2015年、日本トライアスロン選手権で当…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、テニスの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、テニスの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、テニスの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 テニス 近年のテニス界では錦織圭選手を筆頭に日本選手の活躍が目覚しく、2020年東京オリンピックでもメダルの期待が高まっていますね。今回は東京オリンピックのテニスの日本代表となりうる選手を何名かご紹介したいと思います。 東京オリンピック2020 テニスの代表選手は誰?男子 【錦織 圭(にしこり けい)】 生年月日:1989年12月29日 出身地:島根県 所属:日清食品 戦績:リオオリンピックではナダルとの死闘を制し銅メダル 2014年8月に行われた全米オープンで、アジア出身の選手として初となるグランドスラムの決勝に進出し、日本テニス界の歴史を塗り変えた錦織選手。現在世界ランク5位、リオオリンピックでもメダルを獲得していることもあり、東京オリンピックではさらに上のメダルを狙えるのでは、と期待も高まります。 【ダニエル太郎(だにえる たろう】 生年月日:1993年1月27日 出身地:アメリカ・ニューヨーク 所属:株式会社エイブル 戦績:シングルス1勝(イスタンブール2018で初優勝)…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、テコンドーの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、テコンドーの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、テコンドーの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 テコンドー 競技人口は7,000万人といわれる韓国で生まれたスポーツ、格闘技のテコンドー。オリンピックではキョルギ(組手)が正式種目として採用され、日本国内にはオリンピックへの出場を目指す10代から20代の選手が数多くいます。 今回は2020年の東京オリンピック、テコンドー競技の日本代表選手候補を男女別でご紹介します。 東京オリンピック2020 テコンドーの日本代表選手候補は誰?男子 オリンピックでの男子テコンドーの階級は体重別で4つに分かれていますが、本来は8つの階級です。ここでは、2017年5月現在で登録されている階級でご紹介します。 【鈴木 セルヒオ(すずき せるひお)】 生年月日:1994年10月9日 身長:177cm 体重:61kg 出身地:神奈川県 所属:東京書籍(株) 58kg級の選手です。 日本人の父親と南米のボリビア出身の母親の間に生まれ、5歳の時に家族とともにボリビアへ移住しました。現地でテコンドーと出会い、高校はテコンドーの本場である韓国の漢城高校へ留学します。大…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、卓球の注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、卓球の注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020競技、卓球の注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 卓球 リオデジャネイロ・オリンピックでは男子団体で銀メダル、女子団体は銅メダルを獲得した卓球日本代表チーム。福原愛選手も引退し、少しずつ世代交代も進む2020年の日本代表は誰になるのか? 代表決定は2020年1月。それまでに出場した試合でのポイントから、ランキング上位者2名は自動的にオリンピックの代表入り、残る1名は戦績のほか、2名との団体戦の相性なども鑑みて決定されるという。2019年8月時点の世界ランキング上位に入る日本人選手を男女共にチェックしておこう。 【東京2020】2大会連続メダルを目指す、「卓球」日本代表候補たち 石川佳純 選手 石川佳純(いしかわかすみ)選手 1993年2月23日生まれ、山口県出身。元卓球選手の両親の元で英才教育を受け、中学2年生の時に全日本選手権でベスト8入り。高校1年生の時に、インターハイと国体、選抜、全日本ジュニアをすべて制覇。ロンドン・リオデジャネイロと2度のオリンピックに出場し、リオでは団体銅メダルを獲得したのは記憶に新しい。2019年8月時点での世界ラ…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、サーフィンの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、サーフィンの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、サーフィンの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 サーフィン 2020年の東京オリンピックで、正式種目に加わったサーフィン。 オリンピック競技になったことに加え、東京での開催とあって、日本のプロサーファーたちもより一層気合いが入るというものでしょう。 しかし当然ながら、日本代表に選ばれなければ、オリンピックへの出場は叶いません。 日本代表の座は、いったい誰がつかむのでしょうか? 今回は東京オリンピックの日本代表候補のなかから、特に注目の5選手を紹介していきます。 ①大原洋人 プロサーファー大原洋人は1996年11月14日生まれ、千葉県出身の男子サーファーです。大原がサーフィンを始めたのは8歳の時で、大きな転機となったのは彼が13歳の時でした。この年、大原は「NSA(日本サーフィン連盟)」が主催する全日本選手権に優勝、さらにアンダー16の年間チャンピオンにも輝いているのです。同じ年には「JPSA(日本プロサーフィン連盟)」公認のプロ資格を得て、プロのサーファーになり、「WSL(ワールドサーフリーグ)」のアンダー16・年間チャンピオンにも輝きました…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、スポーツクライミングの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、スポーツクライミングの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020競技、スポーツクライミングの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 スポーツクライミング 2020年の東京オリンピックの正式種目となった「スポーツクライミング」。壁を登る高さや速さなどを競います。「ボルダリング」「リード」「スピード」の複合で競われるスポーツクライミングのルールや見どころをと五輪で期待される注目の日本人選手をご紹介します! 野口 啓代(ノグチ アキヨ) スポーツクライミング ボルダリング 野口啓 <プロフィール> 生年月日:1989年5月30日 出身:茨城県 身長:165cm <主な戦績> 2001年:全日本ユース選手権 優勝 2005年:ジャパンカップ、リード・ボルダリング共に優勝(ここからジャパンカップのボルダリングで怒涛の9連覇) 2008年:ワールドカップ オーバーオール 年間チャンピオン 2009年:ワールドカップ ボルダリング 年間チャンピオン 2015年:ボルダリングワールドカップ4度目の年間チャンピオン 2016年:アジア選手権 リード・ボルダリング 優勝 …

続きを読む

東京オリンピック2020競技、スケートボードの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、スケートボードの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、スケートボードの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 スケートボード 20世紀半ばにアメリカで誕生したスケートボード。何回かのブームを経て日本でも一般的となり、最近では海外の大会で活躍する選手も増えてきました。 中には、2020年の東京オリンピックでもメダル獲得に期待がかかる選手もいます。 今回は、スケートボード競技の日本代表選手候補を男女別でご紹介します。 東京オリンピック2020 スケートボードの日本代表選手候補は誰?男子 【瀬尻 稜(せじり りょう)】 生年月日:1996年12月11日 身長:178cm 体重:67kg 出身地:東京都 レギュラースタンス(左足が前の乗り方)、種目はストリートです。 5歳の時に父親にスケートボードを買ってもらって始めました。 6歳で初めて大会に出場、7歳でジュニア大会優勝、8歳でアマチュア大会を優勝して9歳の時にプロスケートボーダーとなりました。 AJSA(日本スケートボード協会)主催の日本プロツアーでは2006年、9歳の時に初優勝して以来何度も優勝・準優勝しています。 11歳…

続きを読む