東京オリンピック2020競技、体操の注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、体操の注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、体操の注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 体操 競技によってオリンピックに出られる基準が違っていますが、いずれにしても厳しい戦いが始まっているようです。 体操競技においても例外ではありません。 今まで選ばれて当然だった選手が選考から外されたり、思わぬ選手が出ることになったり様々なドラマが生じています。 ここからは体操競技の注目選手や有望な選手、そしてメダル獲得の候補に挙がりそうな選手などを、最新情報に照らし合わせてお伝えしたいと思います。 東京五輪男子体操の注目選手は? ここからは男子体操競技で注目される選手をお伝えしていきたいと思います。 内村 航平 内村 航平(うちむら こうへい)選手は、1989年(平成1年)1月3日生まれ、今年30歳になりました。 プロの体操選手として活躍中です。 福岡県北九州市の出身で、身長は162cm、体重は52kg、所属は「リンガーハット」です。 2008年の北京五輪、2012年のロンドン五輪、2016年のリオデジャネイロ五輪と3大会連続出場と…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、ゴルフの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、ゴルフの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、ゴルフの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 ゴルフ 2016年、リオデジャネイロオリンピックで112年ぶりに正式種目に復活したゴルフ競技。東京オリンピック2020でもまた、多くの選手が活躍してくれることを期待したいものです。 そこで今回は、日本の代表候補選手をリストアップしてみました。観戦の参考にしてください。 男子ゴルフの代表選手は誰?東京オリンピック2020 【松山 英樹(まつやまひでき)】 生年月日:1992年2月25日 出身地:愛媛県 所属:レクサス 身長:180cm 体重:90kg 2011年、「マスターズ」に出場し27位になり、日本人史上初のローアマチェアに輝きました。 同年、「三井住友VISA太平洋マスターズ」でアマでの優勝を果たし、2013年プロ初年度、4勝を挙げて賞金王を獲得しました。2016年、「ウェイト・マネージネント・フェニックスOP」でツアー2勝目を挙げました。 【谷原 秀人(たにはらひでと)】 生年月日:1978年11月16日 出身地:広島県 所属:国際スポーツ振興協会 身長:…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、サッカーの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、サッカーの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、サッカーの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 サッカー 東京オリンピックサッカー2020日本代表の注目選手5選 注目選手の5選手をピックアップして紹介します。 冨安健洋選手 1人目は、冨安健洋選手です。 福岡からベルギーのシント=トロイデンVVに移籍後にCBとして大きく飛躍しました。 経験の必要なポジションですが、若干20歳ながら鋭い読みと的確なカバーリングでコパアメリカでもピンチを防ぐ場面は多く見られました。 既にフル代表の主力に成長しており、間違いなく東京オリンピックの柱として活躍してくれる選手だと思います。 セリエAのボローニャへの移籍が噂されていますが、イタリアの組織的な守備力を吸収してさらなる成長を期待したいと思います。 杉岡大暉選手 2人目は、杉岡大暉選手。 左サイドバックとしてコパアメリカの全3試合に出場しましたが、粘り強くタイトな守備とエネルギッシュな攻撃参加で大きく評価を上げました。 湘南の主力として活躍しており、得意の守備に加えて、攻撃へのトランジションのスピードと左足の精度が上がれば、…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、フェンシングの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、フェンシングの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、フェンシングの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 フェンシング エペの名選手、見延和靖氏 見延和靖(みのべかずやす)氏は、日本フェンシング界で注目されているエペ選手だ(エペとは攻撃権による攻守交替がなく、突きが相手の全身いずれかに750g以上当たれば有効となる種目)。 彼は過去に世界ランキング11位の実績があり、2016年3月ハンガリーで行われたグランプリ大会でも優勝した。1987年生まれの現役選手で、177cmの長身から巧みな技を繰り広げる。2020年東京オリンピックでも、活躍が期待されている選手といえる。 フルーレの名手、エロワン・ル=ペシュー選手 フェンシング強豪国の1つ、フランスで注目を浴びている選手といえば、エロワン・ル=ペシュー選手だ。 彼は過去に世界ランキング3位の実績があり、2002年世界選手権団体戦と2003年欧州選手権の団体戦で1位を獲得、2005年ワールドカップポルトガル大会では、個人優勝を果たした。 1982年生まれで身長171cm、数々の実績を積んでいるフルーレのサウスポー選手だ…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、馬術の注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、馬術の注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、馬術の注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 馬術 この馬術競技ですが、日本代表選手として現状では、以下のような選手が候補として挙がっているようですので、ご紹介したいと思います。 男子・女子共に3名の選手をご紹介します。 杉谷 泰造 杉谷 泰造(すぎたに たいぞう)選手は、1976年(昭和51年)6月27日生まれで今年で42歳のベテラン選手です。 大阪府和泉市の出身で、身長は170cm、体重は63kgで現在の所属は「杉谷乗馬クラブ」です。 これまでの馬術経歴ですが、1996年アトランタ五輪大会から2016年リオデジャネイロ五輪大会まで、実に6大会連続でオリンピック出場という快挙を成し遂げています。 かつて「オリンピックは参加することに意義がある」との名言を聞いたことがありますが、まさにそれを実証するくらい素晴らしい選手だと尊敬します。 6大会連続出場ということは、24年間欠かさずに出場したわけですから、素晴らしいという以外言葉もありません。 この出場記録ですが、日本記録になっているそうです。 …

続きを読む

東京オリンピック2020競技、自転車競技の注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、自転車競技の注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、自転車競技の注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 自転車競技 自転車競技のトラックは開催国枠がなく、日本は自力で出場権を掴まねばならない。そんな中でもメダルを期待できるのは、日本が発祥の種目「ケイリン」。男子は国際自転車競技連合(UCI)ランキングで団体・個人とも1位を誇る。競輪界と日本自転車競技連盟ががっちり手を組んで東京でのメダルを狙う。 開催国枠のないトラック、日本は東京への切符を掴み取れるか 出場枠争奪戦は、すでに始まっている。UCI(国際自転車競技連合)はオリンピック選考期間を、2018年7月6日から2020年3月1日までと定めた。その間に開催される大陸選手権(各大陸2回)、ワールドカップ(2シリーズ)、世界選手権手権(2回)の成績が、各国の出場枠を決める。 東京オリンピックに出場が許されるのは男子98人、女子91人。上記の指定イベントでの成績は、特別に制定された「オリンピックランキング」に反映され、2020年3月の世界選手権手権終了後に出場枠が配分される。 また、ロードレース、マウンテンバイク、BMXでは日本のために開催国枠が設けら…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、カヌーの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、カヌーの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、カヌーの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 カヌー 東京五輪カヌーの注目されている選手について、ご紹介していきたいと思います。 羽根田 卓也(スラローム・カナディアン) 羽根田 卓也(はねだ たくや)選手は、1987年(昭和62年)7月17日生まれで31歳です。 愛知県豊田市の出身で、身長は175㎝、体重は70kg、所属は「ミキハウス」で、スラロームカナディアンの選手です。 カヌーを始めたのは9歳の時で、元カヌー選手だったお父さんの影響で始めたそうです。 2006年に名鉄学園杜若高校を卒業してすぐに、カヌー修行のためチェコスロバキアに単身渡ります。 2009年にコメンスキー大学体育スポーツ学部に進学、同大学院に在籍して修了しました。 18歳の時にワールドカップで男子スラロームカナディアンで、に日本人初の決勝進出を果たしています。 2008年の北京五輪では予選14位、2012年のロンドン五輪では7位に入賞しました。 そして2016年のリオデジャネイロ五輪では、日本中のファンを大いに沸…

続きを読む

世界パラ水泳世界選手権大会2019

こんちにわ、愛Tです。 「世界パラ水泳世界選手権大会2019」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「世界パラ水泳世界選手権大会2019」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 東京パラリンピックの予選を兼ねる、世界パラ水泳世界選手権大会2019が、2019.9.9から、アクアティクスセンター(ロンドン/英国)で開催されます。 日本代表は、木村選手(東京ガス)ら男子9選手、成田真由美選手(横浜サクラ)ら女子5選手が出場します。 世界パラ水泳世界選手権2019で優勝した選手は東京パラの代表内定、2位は出場枠獲得となります。 世界パラ水泳世界選手権大会2019 ・日程:2019.9.9~9.15 ・会場:アクアティクスセンター(ロンドン/英国) ロンドンで開催中の「London 2019 World Para Swimming Allianz Championships(パラ水泳世界選手権)」は9月15日・最終日を迎えた。この7日間で、日本代表は金メダル3、銀メダル5、銅メダル3の合計11個のメダルを獲得(金メダルランク13位)。2つの世界記録を更新した。 まとめ 日本人選手が大活躍だった、世界パラ水泳世界選手権大会2019。この勢いで、東京パラリンピック2020も活躍が見られるといいですね。

続きを読む

東京オリンピック2020競技、ボクシングの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、ボクシングの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020競技、ボクシングの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 ボクシング 国際オリンピック委員会(IOC)が22日、スイスのローザンヌで理事会を開催した。20年東京オリンピック(五輪)の実施競技から除外も含めて検討してきたボクシングを存続させる方針を決めた。    ◇   ◇   ◇ ようやくアマチュアボクシングの東京五輪での実施が決定した。 国際協会(AIBA)の会長の素性や、ガバナンス(統治能力)の欠如、リオデジャネイロ五輪での不正審判疑惑など、種々さまざまな問題がクリアになるかが焦点だったが、選手が犠牲になるような最悪の事態は回避された。 では、母国開催の五輪でメダルを狙える有力選手はいるのか。世界における日本の現在の戦力を考え、イチ押し選手を紹介する。 なお100年以上五輪で実施されてきた同競技でメダル獲得した日本人は5人。60年ローマ五輪フライ級銅メダルの田辺清、64年東京五輪のバンタム級金メダルの桜井孝雄、68年メキシコシティー大会同級銅メダルの森岡栄治、12年ロンドン五輪同級銅メダルの清水聡、同五輪ミドル級金メダルの村田諒太…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、バスケットボールの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、バスケットボールの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、バスケットボールの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 バスケットボール 東京オリンピックでバスケ日本代表入りが予想される若手選手 2006年の世界選手権以来の13年ぶりのワールドカップへの出場を決めたバスケの日本代表男子。さらに、日本で開催される2020年の東京オリンピックでも、バスケの日本代表男子が出場できることが決定しました。そこで、東京オリンピックで日本代表のメンバー入りが予想される男子選手についてちょっと話してみたいと思います。 日本が東京オリンピックのバスケ競技に出場できるための条件とは? オリンピックには、開催国のチーム・選手の出場が認められる開催国枠というのがありますが、バスケについては、オリンピックでのバスケの試合を管轄する国際バスケットボール連盟(FIBA)が、2012開催のロンドン大会から、開催国枠を自動的に与えなくなっていたため、バスケの日本代表男子が東京オリンピックに出場するには、今年、中国で開催されるW杯で、ベスト16以上に入る必要がありました。 しかし、FIBAは3月30日にコートジボワールのアビジャンで開催された理事会において…

続きを読む