東京オリンピック2020競技、陸上、フィールドの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、陸上、フィールドの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、陸上、フィールドの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 陸上 フィールド 戸邉 直人 生年月日 1992年03月31日生まれ 所属 JAL 出身地 千葉県 身長/体重 194cm/74kg 出身校 野田二中(千葉)→専大松戸高(千葉)→筑波大学 自己ベスト 走高跳:2m35(2019.2 インドアミーティング) 主な代表歴 世界選手権(19ドーハ、15北京) アジア大会(18ジャカルタ、14仁川) 日本記録保持種目 走高跳 澤野 大地 生年月日 1980年09月16日生まれ 所属 富士通 出身地 大阪府 身長/体重 183cm/74kg 出身校 印西中(千葉)→成田高(千葉)→日本大学 自己ベスト 棒高跳:5.83(2005.5 静岡国際)日本記録 主な代表歴 オリンピック(16リオ、08北京、04アテネ) 世界選手権(13モスクワ、11テグ、09ベルリン、07大阪、05ヘルシンキ、03パリ) アジア大会(14仁川、06ドーハ) 日本記録保持種…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、陸上、トラックの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、陸上、トラックの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、陸上、トラックの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 陸上 トラック 陸上選手の中でも特に注目されている選手を見ていきましょう! 〇注目の陸上!桐生祥秀選手 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 名前 : 桐生 祥秀(きりゅう よしひで) 生年月日:1995年12月15日(21歳) 出身:滋賀県彦根市 種目:短距離走 100m、4×100mリレー 所属:東洋大学 《主な成績》 ▼オリンピック ・100m 予選7組4着 (2016年リオオリンピック) ・400mR 2位(2016年リオオリンピック) ▼世界選手権 ・100m予選2組4着(2013年) ・400mR 3位(2017年) ▼最高世界ランク 100m 16位9秒98(2017年) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー リオデジャネイロオリンピックに出場経験のある桐生 祥秀選手。 2017年9月9日の日本学生陸上選手権大会で、男子100m決勝で日本人初の9秒台を出したメダル候補の選手です! …

続きを読む

パラリンピック競技 陸上競技 フィールド

こんちにわ、愛Tです。 「パラリンピック競技 陸上競技 フィールド」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「パラリンピック競技 陸上競技 フィールド」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 陸上競技 フィールド より高く。より速く。 築き上げた独自のスタイルで、それぞれのベストを目指す。 競技概要 パラリンピック陸上競技の大きな特徴は、クラス分け()という制度があることだ。障がいは選手により異なるため、極力条件を揃えて公平に競えるようにするため、それぞれの障がいの種類や程度、運動機能などにより選手をクラスに分け、クラスごと、あるいは近いクラスを合わせた統合クラス(コンバインド)で競技を行う。    フィールドで行われるのは跳躍と投てき。跳躍競技には走高跳、走幅跳、三段跳があり、投てき競技には砲丸投、やり投、円盤投に加え、パラリンピック独自の種目、こん棒投がある。ただし、実施される種目やクラスは大会ごとに検討され、決められる。 ルールはオリンピックの陸上競技とほぼ同じだが、障がいクラスに応じて一部のルールが変更されている。障がいを補いながら、1センチメートルでも高く、遠くへと、自己の限界に挑む。 (クラス分け) クラス 障がい種別 T/F11 T/F12 T/F13 視覚障がい    重い↑軽い T/F2…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、アーチェリーの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、アーチェリーの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、アーチェリーの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 アーチェリー 東京五輪、アーチェリー、種目 ・個人男子 ・個人女子 ・団体男子 ・団体女子 ・団体ミックス 東京五輪アーチェリーの注目選手は? ここからはアーチェリーで注目されている日本の選手をご紹介します。 古川 高晴 古川 高晴(ふるかわ たかはる)選手は、1984年(昭和59年)8月9日生まれで34歳です。青森県青森市の出身で、現在は近畿大学の職員をしています。アーチェリーを始めたきっかけは、青森東高校生の時に弓道をしたかったが弓道部がなかったとのことでアーチェリーを始めたそうです。高校3年生の時、ジュニア選手権に出場し、高知で行われた国民体育大会で、見事に優勝を飾りました。2012年のロンドン五輪では男子個人で銀メダルを獲得しています。2016年のリオデジャネイロ五輪では、8位に入賞しました。2018年のジャカルタアジア大会では、リカーブ混合で杉本智美選手とのペアで、決勝戦で北朝鮮のペアに6対0で見事に勝利し、金メダルを獲得しました。オリンピ…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、水泳、マラソンスイミングの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、水泳、マラソンスイミングの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、水泳、マラソンスイミングの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 水泳 マラソンスイミング 海や川、湖などの自然環境を泳ぐ水泳競技は一般に「オープンウォータースイミング(以下OWS)」と呼ばれている。自然環境での水泳は古くから世界中で親しまれており、日本でも「遠泳」の名で地域の大会や学校イベントとして実施されてきた。この自然環境での水泳を競技として体系化する動きが1980年頃より生まれ、国際水泳連盟(FINA)が世界共通のルールを体系化した、比較的新しい競技だ。 世界水泳選手権では、1991年から正式種目となり、オリンピックでは2008年の北京五輪から10キロメートルが正式種目に採用された。このオリンピックにおける「10キロメートルのOWS」を種目名として「マラソンスイミング」と呼ぶ。 泳ぎ方は自由だが、他の競泳種目とは異なり、波の影響を受けながら泳ぐ技術が求められる。また、水温によるパフォーマンスの変化や天候、潮流を考慮しながらレース戦略を練る必要があり、まさに「泳ぐマラソン」である。何より、他の…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、水泳、アーティスティック スイミングの注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、水泳、アーティスティック スイミングの注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、水泳、アーティスティック スイミングの注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 水泳 アーティスティック スイミング 乾、中牧デュエット 昨年の大会で優勝した日本代表デュエットの乾(左)と中牧 昨年の大会で優勝した日本代表デュエットの乾(左)と中牧  デュエットでエース乾、中牧組が出陣する。乾は「ジャパンオープンは世界中にやっていることをアピールするチャンス。(8月のジャカルタ)アジア大会につなげたい」と意気込んでいる。TRは、女忍者がテーマの「NINJA WOMEN KUNOICHI」。世界からの評価を確認した上で、今後も継続的に使用する可能性があるルーティンだけに、東京五輪も視野に注目が集まる。 前回は日本が4種目優勝 昨年、息の合った演技を見せた混合デュエットの安部(左)足立組 昨年、息の合った演技を見せた混合デュエットの安部(左)足立組  前回大会は4月28~30日、東京辰巳国際水泳場で行われ、日本代表がデュエット、混合デュエット、チーム、フリーコンビネーション(FC)でジャパンオープン…

続きを読む

東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー

こんちにわ、愛Tです。 「東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020パラリンピック競技大会の開催まであと1年となった2019年8月25日(日)、NHKホールにおいて、「東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー」を開催しました。 後列左から小池百合子都知事、鳥原光憲JPC会長、マルクス・レーム選手、菅義偉内閣官房長官、森喜朗東京2020組織委員会会長 前列左から国枝慎吾選手、ドゥエーン・ケールIPC副会長、上地結衣選手 セレモニーには、東京2020組織委員会の森喜朗会長や小池百合子東京都知事をはじめ、菅義偉内閣官房長官、ドゥエーン・ケール国際パラリンピック委員会(IPC)副会長、鳥原光憲公益財団法人日本障がい者スポーツ協会、日本パラリンピック委員会(JPC)会長らが参加し、ゲストアスリートとして、義足の走り幅跳びジャンパーで世界記録保持者のマルクス・レーム選手(リオ2016大会の金メダリスト)、車いすテニスで北京2008大…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、水泳、水球の注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、水泳、水球の注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020競技、水泳、水球の注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 水泳 水球 リオ五輪で32年ぶりの五輪の舞台に挑むのが水球男子の日本代表(ポセイドンジャパン)です。 この記事では水球日本代表の顔ぶれと注目選手、競技日程や他の出場国の情報をまとめてお伝えします。 32年ぶり五輪へ!水球日本代表の顔ぶれは 水球男子日本代表のメンバーは以下の通りです。 GK 棚村克行(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎) 福島 丈貴(東京ガスライフバル保谷) FP 飯田 純士(東京ガスエスネット) 志水 祐介(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎) 保田 賢也(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎) 大川 慶悟(秀明英光高等学校・教員) 柳瀬 彰良(白鵬女子高等学校・教員) 竹井 昂司(CNCグループ) 角野 友紀(オフィス921) 筈井 翔太(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎) 志賀 光明(登利平) 荒井 陸(プラザハウス) 足立 聖弥(日本体育大学) …

続きを読む

東京オリンピック2020競技、水泳、飛込の注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、水泳、飛込の注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、 「東京オリンピック2020競技、水泳、飛込の注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 水泳 飛込 ベルリン1936大会の4位入賞が、オリンピックにおける日本の飛込の最高順位だ。リオデジャネイロ2016大会では、板橋美波が女子高飛込で8位入賞を果たした。男子の坂井丞も力をつけてきており、難易度の高い種目でいかに美しい入水を決められるかが日本の課題となっている。またシンクロナイズドダイビングは、1つの国・地域から複数の選手が出場できる他の飛込種目とは異なり、出場は各国・地域で1組だけ。日本が出場権を得ることができれば、メダル獲得の可能性が出てくる。 。今まではあまりメディアに取り上げられることのなかったスポーツですが、昨今では漫画や映画の題材になる等、にわかに注目を集めつつあります。今回はその飛込の代表選手候補を男女別でご紹介します。 「東京オリンピック2020 飛込の代表選手は」男子 【寺内健(てらうちけん)】 生年月日:1980年8月7日(36歳) 出身地:兵庫県宝塚市 出身校:此花学院高等学校 所属…

続きを読む

東京オリンピック2020競技、水泳、競泳の注目選手

こんちにわ、愛Tです。 「東京オリンピック2020競技、水泳、競泳の注目選手」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、「東京オリンピック2020競技、水泳、競泳の注目選手」のことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! オリンピック競技 水泳 競泳 リオデジャネイロ2016大会では、萩野公介が400m個人メドレー(男子)で日本選手団第1号となる金メダルに輝き、さらに52年ぶりとなる4×200mリレー(男子)での銅メダル獲得にも貢献した。かつて日本にはスペシャリストが多かったが、近年では萩野や瀬戸大也のような多種目で活躍する選手が登場。小学生の頃から4つの泳法を指導されることが背景にある。また1964年東京大会以降あまり日本が得意としてこなかった自由形にも、強い選手が育ってきた。選手層の厚みも増しつつあり、競泳での日本のメダルはますます増えることだろう。 自由形の注目選手や第一人者【2019】 自由形の注目選手 50m自由形 男子の注目選手 塩浦慎理選手:中村克の47秒という記録を塗り替え、47秒という自己ベストを持つ日本競泳界の怪物です。 中村克選手:日本人初の47秒台を記録した短距離自由形のイケメンスイマー、マスメディアでも話題です。 女子の注目選手 短距離自由形の第一…

続きを読む