10種競技(男子) 7種競技(女子) 5人制サッカー TDM 「追加抽選」 「風神雷神」五輪・パラ記念硬貨のデザイン発表 お台場海浜公園 さいたまスーパーアリーナ アーチェリー アーティスティック スイミング アーティスティックスイミング アーバンスポーツ ウエイトリフティング オリンピックアクアティクスセンター オリンピックメダル オリンピック競技、アーチェリー オリ・パラボランティア情報 カウントダウンセレモニー カヌー ゴルフ サッカー サーフィン サーフィン・100円硬貨 スケートボード スポーツクライミング セーリング ソフトボール チケット チケット価格 チケット販売開始 テコンドー テニス トライアスロン トラック トランポリン ドーピング問題 ハンドボール バスケットボール バドミントン バレーボール パブリックビューイング パラリンピック パラリンピック競技 パラ水泳 ビーチバレーボール フィールド フェンシング プレイグラウンド ホッケー ボクシング ボッチャ ボランティア ボート マラソンスイミング マラソン会場 メインスタジアム メダルデザイン ユニホーム ラグビー レスリング ロシア ドーピング問題 ロード ロードレース 世界パラ水泳世界選手権大会2019 五輪チケット2次抽選販売 五輪暑さ対策テスト 交通渋滞対策のテスト 人文字 代々木競技場 伊豆ベロドローム 会場 体操 体験会 分譲マンション 卓球 味の素スタジアム 国技館 埼玉スタジアム2002 夢の島公園アーチェリー場 大井ホッケー競技場 宮城スタジアム 富士スピードウェイ 射撃 幕張メッセ 新体操 新国立競技場 日本武道館 日程 暑さ対策 有明アリーナ 有明アーバンスポーツパーク 有明テニスの森 有明体操競技場 本日開始 札幌 札幌ドーム 東京2020オリンピック ・パラリンピック競技大会記念貨幣 東京2020オリンピック・パラリンピック 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する駐車場対策 東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー 東京オリンピック 東京オリンピック ニュース 東京オリンピックまで1年 東京オリンピックチケット 東京オリンピックニュース 東京オリンピック会場 東京オリンピック競技 東京オリンピック選手村 東京オリンピック2020 東京オリンピック2020 チケット 東京オリンピック2020 競技 東京オリンピック2020チケット 東京オリンピック2020交通渋滞対策 東京オリンピック2020会場オリンピック・パラリンピックの食事 東京オリンピック2020注目選手 東京スタジアム 東京パラリンピック 東京パラリンピック競技 東京パラリンピック2020 東京体育館 東京国際フォーラム 東京辰巳国際水泳場 柔道 横浜スタジアム 武蔵野の森公園 武蔵野の森総合スポーツプラザ 水泳 水泳、アーティスティック スイミング 水泳、マラソンスイミング 水泳、水球 水泳、競泳 水泳、飛込 水球 水球選手 江の島ヨットハーバー 海の森クロスカントリーコース 海の森水上競技場 潮風公園 特別輸送機 狙い目 皇居外苑 福島あづま球場 空手 競泳選手 総合馬術(クロスカントリー) 聖火リレー 自転車競技 茨城カシマスタジアム 記念硬貨 近代5種 追加抽選販売 選手村跡地 野口みずき 野球 釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ 開会式 陸上、トラック 陸上、フィールド 陸上、ロード 陸上、混成 陸上競技:トラック 陸上競技:フィールド 陸上競技:混成 陸上競技 トラック 陸上競技 フィールド 陸上競技 マラソン 陸上10種競技 陸上7種競技 青海アーバンスポーツパーク 飛込 飛込選手 馬事公苑 馬術 高付加価値型観戦チケット 2次募集 8月8日

パラリンピック競技 競技 アーチェリー

こんちにわ、愛Tです。 「東京パラリンピック2020競技のアーチェリー」のことを知りたい。 この記事は、このような疑問を持った方におすすめです。 これを見れば、東京パラリンピック2020競技のアーチェリーのことを知ることができます。 それではさっそくみていきましょう! パラリンピック競技 アーチェリー 足や口を巧みに使った多彩な競技。狙うはど真ん中。 競技概要 50メートル、または70メートル先にある的を狙い得点を競う、肢体不自由の選手を対象としたアーチェリー競技。オリンピックとほぼ同じルールで行われるが、障がいの内容や程度に応じてルールや用具の一部変更が認められている。 障がい者を対象としたアーチェリーが行われるようになったのは1940年代からで、1948年にイギリスの傷病兵のリハビリを行うストーク・マンデビル病院で車いすのアーチェリー大会が開催されている。この大会はのちに「パラリンピックの原点」と言われるようになった。パラリンピックとしてのアーチェリーは、第1回ローマ1960大会で正式競技として採用され、以来、継続して実施されている。 かつては、選手は障がいの程度によって、W1(四肢に障がいがあり、車いすを使用)、W2(下半身の障がいにより車いすを使用)、ST(立つか、いすに座って競技)の3クラスに分類されていた。現在のパラリンピックでは、W2とSTはオ…

続きを読む

もっと見る